車椅子ジャニオタがSnow Manのおかげで世界を広げられた話。

Snow Manのデビュー後初アリーナツアー『Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania』北海道公演に行ってきました。

今回の記事では、常に車椅子を使う以外はごく普通の、20代独身OLオタクが初めての地に遠征して、おかげで良い経験できましたよという話をします。

 

車椅子ジャニオタがSnow Manのおかげで世界を広げられた話。

以前の記事でも触れましたが、私は生まれつき歩けないという身体障害があるため、電動車いすユーザーです。それ以外は普通に仕事をしながら、独身20代女性としてはごく普通の給料で一人暮らししつつ生きてる元気なオタクです。

 

今回のスノのツアー、おそらくほんまに死ぬほど倍率高くて。そもそもスノのオタクになった2019年というと、現場(滝沢歌舞伎ZERO・サマパラ2019・8.8Jr.祭り)やってた春夏はぶっ倒れてからの入院生活続きでした。そのブログはこちら。

弱るほど心の拠り所にアイドルたちを求めてしまうオタクがSnowManに落ちた話。 - It's wonder land!

目黒蓮さんにめちゃくちゃしんどい時期を救われた話。 - It's wonder land!

 

 

その後2020年春に決まっていたSnow Manのデビューライブは全公演中止滝沢歌舞伎ZERO 2020は現場ではなく映画化(流石に試写会は当たらない)、2020年秋になったデビューライブは全公演配信(コロナ禍で職場復帰準備しながら全公演観た)、歌番組の観覧募集は全く無し……と軒並み“Snow Manのライブ”を生で観る機会を失いました。

 

だからこそ滝沢歌舞伎ZERO 2021もめちゃくちゃ応募したし、できる正統手段かき集めてた。

なにより2019年に諦めたSnow Manのライブを絶対観たくて、現地で9人のパフォーマンスを目に焼き付けたくて、ほんと私の数少ないスノの名義持ってる周囲の2人(スノ関係の友達少なすぎん!?)と共に、行ける日程全部応募した。

そしたら私の名義のみ、北海道で1日程だけ賭けた、2021年11月6日の北海道18:00公演だけが当選しました。いやあの高倍率でよく取ってくれた……。

 

北海道は15年程前の真夏に修学旅行で行った以来。鉄道以外の移動は、卒業旅行や家族旅行で、空路やバスと私(と車いす)の扱いに慣れた仲良し友達グループや両親のいる、完全安心体制でのみでした。だからずっと遠征は、本当はバスの方が安くてありがたいけど新幹線で行ける範囲ばっか行ってた。学生時代なんて東京遠征すら(距離も交通費も)冒険だったなあ。

余談ですが、新幹線も車いすで乗ろうと思うと予約がややこしくて、みどりの窓口に直接行って申請が必要です。令和にネット対応してないんだよなあ。対応してくれると助かります

 

そんなだから飛行機の予約もしたことないし、航空会社側に迷惑をかけないためにも事前にしっかり申請が必要だし、出発の1時間前には手続きしないと乗れない。2年前にぶっ倒れてから、宿泊時には必要になっちゃった医療機器を持っての移動も考えなきゃいけない。(こいつが重い)

空路は、単独行動では怖くて手を出したことのない交通手段でした。

車いすで飛行機って結構大変なんですよ。でも事前申請することで単独でも搭乗させてくれる今の時代は、本当に幸せやなと思う。

 

こうしてもうほんと「これが当たったら手続きも当日も大変だぞ…」と怯えていた(でもスノマニに行きたかった)スノマニ北海道公演にピンポイントで当たっちゃったので、こうしてずーーーっと避けていた交通手段に手を出さざるを得なくなったわけです。

ありがたかったのは2枚で当選だったこと。関東在住の妹に頼み込んで、現地集合で一緒に参戦してもらうことに。私は関西在住なので、妹が来ても飛行機に単独搭乗自体は変わりません

 

妹との作戦会議では「陸路で頑張れば?」という話も出たものの、Yahoo!で空路除外検索したら【札幌まで20時間】って出たのでナシナシ!ってなりました。そりゃそうだ。20時間ってなんだ。

 

行くと決めたら経路を検索しまくり、そりゃ普通の20代OLなのでできるだけ安い料金を検索しまくり、ホテルを探し……。とりあえず航空会社さんには車椅子であることを伝える、事前手続き。

事前手続きは航空会社から電話がかかってきて、車いすのサイズとか重量、バッテリーの種類、障害の程度や内容まで、結構色々聞かれる。以前友人や家族と海外旅行行った時も聞かれたので、その辺は事前に控えておいた。(車いすユーザーは車いすの高さ・横幅・奥行き・折り畳み可否・重量・電動の場合はバッテリーの種類を控えておくと色んな場面でめっちゃ助かるよ!)

あとは持ち込みになる医療機器のこともめちゃめちゃ調べた。荷物多くなるから私はこいつ持って出るの苦手だけど、これは仕方ない。

貴重なSnow Manには変えられない。背に腹はかえられぬ。

予約はそんなで完了。

 

当日の搭乗は出発1時間以上前にチェックイン。これが大変。

車椅子を預けるため、搭乗専用の航空会社のものに乗り換えて、早々に自分の使い慣れた足とはお別れ。その後やっぱり色々航空会社さんで手続きが必要なので、めちゃめちゃ時間かかっちゃうし、色々お手伝いいただいて乗ることができました。

 

もうほんと、新千歳空港着陸した瞬間泣きそうだった〜〜!!!!!

私、なんとか北海道来れるじゃん!!!!!車椅子でも一人で飛行機いけるんじゃん!!!!!日本ありがとう!!!!!ってなった。(?)

 

普通の乗客と同じようにスムーズに、はできないけど、飛行機乗れました。北海道遠征いけました。

 

計画した時間通り、無事に妹と空港で合流して、ホテルに荷物置いて、真駒内セキスイハイムアイスアリーナで無事に2年は願ったSnow Manのライブを初めて観ることができました

もうほんと、色々めちゃくちゃ嬉しかった。

 

Snow Manのおかげで、車椅子でもひとりで飛行機に乗れることを知れました。

 

 

初めての単独北海道。3年前色々あってぶっ倒れたときにSnow Manに支えられて、なんとかSnow Manのライブを生で観るのは諦められなくて、“背に腹は変えられぬ……!”と腹を括ったら、私みたいな車いすの人間の行動範囲が広がりました。これってすごいんだよ。今までは諦めてたんだから。

 

私は自分の障害を理由に好きなものを諦めたくないし、そもそも障害の有無関係なく、好きなものを存分に好きと言って楽しめる人生にしたいと常日頃思ってます。

そうして元気をチャージする目標を持って、また頑張って生きよう!って気持ちが湧くから。

Snow Man関係に限らず、“好き”の気持ちを大事にしながら働くし、色んなことへチャレンジして、色んな経験をしていきたい。

今回私にとっては人生のターニングポイントってくらい大きな、“ひとりで空路を使う”の背中を押してくれたのがSnow Manでした。

 

Snow Manくんにはそんな“誰かの背中を押す”力があるよ。私が証人です。

 

これからも私は、楽しく人生充実させていきます。

スノマニの残りの公演も、どうか全員で無事完走できますように!!今日もSnow Manが大好きだ!!本当ににありがとう!!

あとライブ中最初にファンサくれたのが自担の目黒蓮さんでした。いやもうほんと、絶対私だった。席が異質すぎてスルーされる中1番最初に気付いてくれたのが自担でめっちゃ嬉しかった😭

 

というわけで、完全自分語りブログ終わりです。家に着くまでに書きたかったから書いた。(絶賛帰路)

 

北海道引くほど時間なかったけど超楽しかったなーーー!!!!

f:id:dmbcttn:20211107210734j:image

 

チケットはもう少し取りやすくなってほしいな!(無理)

 

追記:コロナ禍なのに、という意味では遠征に対するご意見があるかもしれません。色んな考え方はあると思いますが、「今回私はワクチン接種済・感染対策をした上で行く決断をした」、それも正解でいいと考えています。

目黒担によるSnow Man 1stアルバムプロモ期間歌番組出演まとめ

Snow Manくん、ツアー開始おめでとうございます~~~!!!
そして目黒さん、初主演ドラマ『消えた初恋』開始おめでとうございます~~!!!!!!

連日なんか色々オタクは忙しいなあと思いながら消えた初恋をめちゃめちゃ楽しんでいます。原作も読んで、キラキラな青春の眩しさに心を浄化されながらです。良いドラマに自担が出れてて幸せやで。
初心LOVEも普通に予約しちゃったよ。良い曲。良い曲にお金出します。

Snow Manめっちゃ忙しそうやけど、マジ目黒忙しそうやけど、どうか元気にツアーもドラマもシングルプロモも年末特番ラッシュも乗り切ってください。頼むよ。

 

 

さてほぼ恒例の、いつもの友人とプロモ期間の歌番組鑑賞会をしました。

私:今回のアルバムはなんだかんだ番組数少なかったし、全部で2時間くらいかな…
友人:オッケー、3時間コースね!

という会話から始まりました。結局喋りすぎて2時間40分かかりました。

 

それでは、今回のプロモ期間に出演したパフォーマンスの個人的なおすすめポイントまとめを、せっかく書いたので載せておきます。(一応友人に解説するときのただのメモです)
過去記事はこちら。もうこんなにやってんのか。

dmbcttn.hatenablog.com

dmbcttn.hatenablog.com

dmbcttn.hatenablog.com

dmbcttn.hatenablog.com

dmbcttn.hatenablog.com

 

Snow Mania S1プロモ期間 出演歌番組鑑賞会

順番は日付順。

 

1.ザ少年倶楽部 2021/08/06 (収録映像)

楽曲:HELLO HELLO

衣装:HELLO HELLO紺衣装

・ちょっと珍しいフルバージョン。(厳密にはアルバムプロモとはちょっと違うかもしれないけど入れた)

・ほぼ全編生歌。被せもないんじゃないか?踊りながらこれ!特に2番渡辺翔太「レモン足しちゃおっか」の「か」がめっちゃ良い。生歌の良さ。

・「キミといる時のボクが 本当のボクだって今 Realise」の阿部ちゃんとラウールさんのパート、毎回センターで並ぶあべラウの雰囲気が緩やかで優しくて大好きやねん

・「愛のフレーズも カッコつけた声も」の宮舘くんはもちろん良いんだけど、後ろの佐久間くんがちょっと演技入ってて表情と動きがコミカル!

・佐久間くんをフォーカスして見ると、深澤くんや康二くんをはじめ、周りとニコニコでアイコンタクト取りまくってるのがよくわかる。間奏のさくこじアイコンタクトとかも楽しそうなのが溢れてて素敵。

・Cメロの円形でフォーメーションがくるくる変わるの好きなんだけど、特に岩本ソロ「その代わり キミを失う怖さも」で前列移動する宮舘さんの姿勢低く腕をブンッと振って勢いよく移動するのがとても好き。

・間奏一瞬だけ、乱れた衣装を整えてから落ちサビソロに入る目黒蓮がいます。

・バナナサンド直伝深澤さんの静止芸は披露前なので、フリータイムも踊ってる!

・最後の「Hello Hello Hello👋👋👋」でカメラに向かって無邪気に手を振ってくれる康二がめっちゃ好き。

 

 

2.ザ少年倶楽部 2021/09/03 (収録映像)

楽曲:EVOLUTION

衣装:EVOLUTION衣装

・歌番組でもよく披露した1ハーフ尺。歌番組初披露回

・ハロハロとは違って、特に岩本さんとラウールぽんの目がバキバキラスサビ直前のラウールさんの眼力、眼力だけで人殺せる

・逆に阿部ちゃんはどんな曲でも、楽曲に合った”アイドルとしての笑顔”を欠かさないのも、阿部さん流のアイドル論が垣間見えてものすごく好き。

・ひかるラップ時の後ろのダンスの揃い方とか勢いの付け方に迫力あって楽しい。ひかるセンターはガチッと締まる。

 

 

 

3.ザ少年倶楽部 2021/09/10 (収録映像)

楽曲:One Heart

衣装:ナミダの海を越えて行け衣装

滝沢歌舞伎ZERO 2021での新曲バラード。

・とにかく良い曲。たまにひたすら聴きたくなる。

滝沢歌舞伎での青衣装のOne Heartも好きなんだよね。とにかくこれは聴いてほしくて、ポイントとかなかった。笑

 

 

4.MUSIC STATION 2021/09/24 (生放送)

楽曲:EVOLUTION

衣装:EVOLUTION衣装

・まず阿部ちゃん復帰できて本当によかった。これが一番。

・最初からラウールの靴紐が解けている回。これだけ跳ねて飛んで踊っているから誰も事故らなくてよかった。何回見てもヒヤッとする。よかった。

・これも渡辺さんほぼ生歌。生放送で生歌勝負してバチバチに踊るのヤバい。

・この回もラスサビ前赤照明に切り替わる瞬間、ラウールさんの眼力で人が射抜けます。

・思ったよりキンプリちゃんとの対バンステージ過ぎて『近!?』ってなった

・MC席でもひたすら絶好調で賑やかな回だったなあ

 

 

5.ザ少年倶楽部 2021/10/01 (収録映像)

楽曲:D.D.

衣装:YumYumYum ~Spicy Girl~衣装

・阿部ちゃん不在

・少し久しぶりのD.D.で驚いたけど、余裕があって見てて楽しいD.D.

・Cメロ「願い続けたDay or night」の深澤・向井ペアが美人

・「 Dramaticなスペククル」後の佐久間くんと目黒がなんかこっそり遊んでて、楽しそうでなにより。なんで佐久間くんは目黒のお尻支えてるんだろう

・落ちサビ前コココガチャは目黒!

 

 

6.MUSIC FAIR 2021/10/02 (収録映像)

楽曲:EVOLUTION

衣装:EVOLUTION衣装

・阿部ちゃん不在

 

トークパート

BGMがハロハロなの、HELLO HELLOプロモではMUSIC FAIR出演なかったので嬉しかった。

・岩本照コレオのポイントを説明するラウールに、さくまくん「腰を落とさないと、岩本先生に怒られる!」👈この辺が最高

渡辺翔太「生きるために筋トレしてます」コメント力ほんと面白い

・「笑いがワンテンポ遅れてるから反射神経鍛えたい」って話をするめめちゃんに、追加の解説するラウールちゃん(強火目黒担)、「俺らが遅らせてもええからな!」で解決導く超絶優しい向井康二、最終的に「良いメンバーなんですよ〜」って紹介で締める目黒蓮良い子たちだらけで平和☺️好きです。


パフォーマンスパート

・落ちサビ以降、阿部ちゃんの立ち位置に佐久間くんがインしてる。特にラストのポジションとかわかりやすい。

・これだけ踊るのにめちゃめちゃ歌ってる渡辺翔太が本当に凄い。毎回思う。

・ピンクハーフアップヘアの佐久間さん、良い!

・そりゃ岩本コレオなので完璧なのはわかるんだけど、ほんと楽しそうな余裕の顔でこの曲パフォしてしまう岩本照が本当に見応えある。楽しいんだなあ。楽しい!って顔で仕事してるのみると元気もらえるよね。

 

 

7.シブヤノオト Presents Snow Man リクエストLIVE 2021/10/02

楽曲:HELLO HELLO、EVOLUTION、Sugar、Crazy F-R-E-S-H Beat、Party! Party! Party!、ナミダの海を越えて行け


衣装:オリジナル衣装

・とにかく総括して神回。まさに最高神。スノを誰かに推薦する時、この30分を丸々焼いて贈りたいSnow Man詰まってる。

・なによりナレーションもMCもいない9人だけの30分ていうのが本当に驚きで、すごかった。こんなの組んでもらえるなんて!

・最初のハロハロではシャツスタイル、この上に黒系ジャケット着て全員スーツ風にした衣装はなるほどだった。

目黒蓮の衣装最高なんよ。光沢あるレザーのワイドなボトムも腰の細さ際立ってて最高だし、ニットが最高。綺麗めがよく似合う!スタイリストさんに感謝。

全体的に生歌率がめちゃくちゃ高い。マイクにめちゃ声乗ってる。

 

HELLO HELLO

・開幕ハロハロも驚いた〜〜!!通例ならD.D.がセトリ入りすると思っていたのに、デビュー2年目にして敢えてデビュー曲をしない選択をするところがある種ファン向けの内容で面白い。地上波NHK全国放送でこのセトリを組む挑戦が大好きだ。

HELLO HELLO、バナナサンド直伝・深澤辰哉の静止芸あります!ついでにふっかをガン見しながら踊る目黒蓮もあります!かわいいね。

・ハロハロ終わりの「上からラウール」、上からなのに顔も動きも可愛すぎて拳握った。


EVOLUTION

・ラウール「ボタン掛け間違えちゃった」ふっか「ボタン掛け間違えた?うん?」👈ふっかお母さんすぎてGrandeur生配信のパフォ前思い出した

・強い〜〜!!!岩本コレオを踊るSnow Manってほんと楽しそうだしEVOLUTIONも披露慣れしてきててめちゃくちゃ楽しそう。9人とも余裕で笑顔出てる

・Cメロ前の歌舞伎見栄ダンス、阿部ちゃん側を横からのアングルで撮ってくれるの結構珍しい。

・目黒ソロ「何が起きても〜」のとこも目黒超良い顔してる。

・ラウールさん抜きの「Fu Fu Fu Fu」良すぎ!

 

Sugar

絶対あると思っていたSugar。エイベ的にはスノマニS1のEVOLUTIONの次点の推し曲だよね?(名曲揃いなんだけど!)

・Mr.岩本振付でこのシブヤノオトが初披露

・Sugar自体、洋楽をリスペクトした音の数少なめで低音ビートに特徴ある曲で、それこそマイケルジャクソン的な楽曲を思い出すんだけど、振付もまさに“一般人がやると変になりかねないけどSnow Manが演るとカッコいい”みたいな特異性があってめちゃめちゃリピートした。

・“小さい頃マイケルの真似してた”って話をしてるふっか、たぶんこの振付踊るのめっちゃうまい。指差しのところ(東山くんのモノマネっぽくもあるけど笑)超楽しそう。

・Aメロのめめラウ、目黒の表情も良いし、ラウールちゃんそんな表情どこで覚えてくるん!?!?って感じ。度肝抜かれる。

Aメロ後半ひかるラップに入るフォーメーション移動が面白い。5人斜め一列→ひかるセンターの5人V字、かと思ったら康二が逆の頂点になって9人で逆N字になってるみたいな。ここ、TVカメラという敢えて狭い画角で捉えると、より画のバリエーションが豊かに見える

・サビで手を口元で回す振付が手話の“砂糖”なの、ほんま相変わらず岩本照は手話をナチュラルに取り入れるのがうまい……!

サビのフォーメーション移動のメンバー、全員1歩でくるくる規則的に切り替わるから、床の市松模様と合わせてチェスの移動みたいで美しい。気持ちよく移動する。

岩本照中央の円形フォーメーション前列めめラウ固めの画力本当に強い。そこからの特大フェイク渡辺センター・めめラウサイドもめちゃ好き。その後のラウールセンター・あべなべサイドもかなり好き。特にラストに手広げながらグイッと前に出てくるラウール、カメラワークも合わせて迫力ある。

とりあえず脚が長い。死ぬほど見た。

 

Crazy F-R-E-S-H Beat

・観れると思わなかった。ほんとにCFBは自信曲なんやなと。

これだけのために白ホリ準備してくれたシブヤノオトの本気度……!

・そしてアイドルなのに顔のアップがなく、ワンカメでこれ撮ってるのも拘りが凄い。フォーメーションの切り替わり含めて、めちゃくちゃ観てくれという番組とスノの主張。すごかった。

 

Party! Party! Party!

・PPP観れたのも嬉しかったなあ〜!!(リクエスト1位と言われた瞬間Cry outか…と思った)(Jr.曲ではPPPに投票してた)

・「好きにやれば良い」の康二ソロ、メンバーの間をまっすぐ歩くのめっちゃかっこいい。

・ラウールの首のアイソレはえぐい。阿部ちゃん目黒のパートもめっちゃ好き。

・PPPは宮舘さんのフェイクがあるのもかっこ良いよね。

・メンカラライト(ラウールは水色っぽい・目黒は濃い青っぽい)で最後照らしてくれるのもオシャレ!

 

ナミダの海を越えて行け

・ナミヲ聴けるとは思わなくてこれも衝撃だった。(一番最初に投票した)

・Aメロ聴くと毎回2D.2D.配信のめめラウちゃんほっこりタイムを思い出すんだけど、1年経ったらめめラウちゃんはギャルピース✌✌するようになってた。かわいいねぇ〜

・Cメロで肩組んでぴょこぴょこしてる岩本・目黒めっちゃ楽しそうで幸!

 


・シブヤノオトは、ふっかが最後の締めの「ありがとうございました!」が言えなかったところまでSnow Manらしくて良かった。この日ほんと最高だったな……

 

 

 

8.ザ少年倶楽部 2021/10/08 (収録映像)

楽曲:Be Proud!

衣装:終わらない Memories衣装

・阿部ちゃん不在。

・ダンスがないのでとにかく賑やかなBe Proud!、元気が出る!

・開幕ラウールの後ろで何かしてる康二、賑やかで良い。

いわふかがカメラで遊んでる後ろで待機してるだてこじめめ、目黒なんてずっと飛び跳ねてるのとても可愛い。

・あべちゃんが不在なのでソロパートになる渡辺翔太「失った時間引きずるより 馬鹿みたいに明日を願ってりゃいい」阿部ちゃんの声がなくて寂しいのは前提で、でもこれはこれでなべが阿部ちゃんの分1人でカバーする迫力もあって良かった。

・「世界の真ん中はいつだって!」と、「僕ら立つこの場所だ胸を張れ!」に繋がる出だしを高らかに歌う最年少、やっぱ最高や。Snow Manにたくさんの幸あれと願わずにいられないね!

 

 

以上今回の鑑賞会メモでした!
さあSecret Touchがもうすぐだよ!楽しみです。

好きなジャニーズデビュー曲ランキングを作ってみた

約2か月ぶり!気づいたらもうアルバムSnow Mania S1の発売まで1週間切ってますね。早いね。

avex.jp

 

スノマニラジオ企画のおかげで、解禁された音源を聴くためにradiko有料会員が大活躍しています。もともと文化放送聴くために入ったから、お釣りが返ってくるくらい活躍してるよ!素晴らしい!

 

さて今回は、ツイッターに設置してるマシュマロにいただいた「好きなジャニーズのデビュー曲トップ3は何?」について、久々にブログのネタとして面白そうだったので書きに来ました。

あまりに悩みまくったので、フリーサイトでデビュー曲ソート作りました。

sometools.web.fc2.com

少年隊以降、スノストまでのデビューグループ(今回泣く泣くソロデビューやグループ内ユニットデビューは省略)の楽曲合計22曲を入れています。NYCの勇気100%は念のために入れてみたけど、色んな意味でレジェンド楽曲なので除外しても良かったかもしれない。

 

好きなジャニーズデビュー曲ランキングを作ってみた

本当に悩みに悩んでソートに頼った結果、ベスト5はこうなりました。勇気100%が微妙だから6位まで入れてみた。

順位 名前
1 硝子の少年
2 仮面舞踏会
3 Real Face
4 勇気100%
5 シンデレラガール
6 D.D.

 

他の曲が嫌いとかそういう意味ではない!!!

1曲ずつ見ていこう。

 

1位:硝子の少年 / KinKi Kids

まさか1位に上がってくるとは思わなくて自分でも驚いた!18歳、今のラウールさんと同い年な若いKinKiの2人が、山下達郎松本隆の作った楽曲でデビューするのは、今考えてもめちゃくちゃお洒落……。というかその当時にKinKi Kidsのデビューに立ち会ってたら衝撃だったろうな。

硝子の少年時代ど真ん中の2人が「硝子の少年時代の破片が胸へと突き刺さる」って歌うんですよ。なかなかのエグさ。

そのエグみも含めて、ジャニーおじいが作りたかったジャニーズアイドルの1つの姿が「硝子の少年」には詰まっている気がする。わからんけど。

 

イントロの音の疾走感と「雨が躍るバス・ストップ」の歌詞がもうワクワクするよね。「雨が躍る」って詩的表現良すぎ。
18歳であの哀愁出しながら苦しい恋の歌を歌いきるのはやっぱりKinKiの凄さや。今の清廉潔白ピュアを求められがちなアイドル戦国時代では、なかなかこんな大人の恋の歌がデビュー曲になることはないんでしょうねぇ。

 

あとは中堅ジャニーズなら誰でもあのサビの振付踊れるの良いよね。若い世代の子たちはもうキンキバックなんてない世代だから、どうなんだろう?

というわけで1位でした。

 

2位:仮面舞踏会 / 少年隊

これも正直、決め切れなすぎたから2位に来ててビックリした。リアルタイムで少年隊を見てきたわけではないんだけど、なんかもう沁みついてるくらいの伝説的名曲なんだよな。

特に2番サビ「BABY COME ON DON’T STOP THE MUSIC」がめちゃくちゃ好き。

 

パフォーマンスにおいて、仮面舞踏会に至っては静止と躍動の繰り返しで、実はめちゃめちゃ魅せるのが難しい曲なのでは?と感じている。

冷静に考えると静止はちょっと不思議なポーズも多い。でもその「不思議さ」が、人の目を引く引っ掛かりになるんだろうな。

楽曲の始まりもそう。イントロ聴けば一発で仮面舞踏会だとわかる。

同じ印象なのが、デビュー曲群ではないけどタッキー&翼夢物語。あのイントロ聴けば絶対わかる。私がオタクだからか!?

 

3位:Real Face / KAT-TUN

リアフェは思い入れがある!!!KAT-TUN通ってないけどある!!!

2006年のKAT-TUNデビューはめちゃめちゃ記憶にある。当時小学6年生で、前年の野ブタ。をプロデュースで連ドラというものを初めてリアルタイムで観たんだよね。

山下智久亀梨和也がジャニーズの人、というかジャニーズ事務所というものをきっちり認識したのがこの頃。

当時の小中学生女子は山P派 or 亀梨派で二分されていました。ガチで。同世代(90年代半ば生まれ)のJr.の尊先がこの辺に集中するのも頷ける。

そんな山亀フィーバー中に、めちゃくちゃ聞いたのがReal Face抱いてセニョリータだった。死ぬほど聞いた。

 

楽曲中に舌打ちが入るのも凄いよなあ。よく考えたらReal Faceも抱いてセニョリータ舌打ち楽曲なんだな。今気付いた。

 

ラスサビの大盛り上がりが好きです。スノのReal Face聴けたのめちゃ嬉しかったな~~!!

 

 

おまけ

4位:勇気100% / NYC

元は光GENJIの曲だから、カウント外にすべきだった気もする。

東日本大震災直後のMステで、シンプルにこの曲歌ってくれた時に救われた記憶があります。たまにめちゃめちゃ疲れてる時に聴くと良いし、2番が特に良い。

ぶつかったり 傷ついたり すればいいさ

Heartが燃えているなら 後悔しない

 

じっとしてちゃはじまらない このときめき

きみと追いかけてゆける 風が好きだよ

 

昨日 飛べなかった空があるなら

今あるチャンス 掴んでみよう

馬飼野康二先生と松井五郎先生のタッグは素晴らしいね……!

 

ついでに今調べて知ったんだけど、Ya-Ya-yah世界がひとつになるまでって忍たまアニバーサリー盤に収録されてるんだね!?!?知らなかった!

 

5位:シンデレラガール / King & Prince

シンデレラガールがここに来た!って感じ。

意外と爽やか王道ラブソングのデビュー曲ってTOKIOのLOVE YOU ONLYとシンデレラガールくらいなんですね。バレーデビュー組は応援歌がメインでラブソング寄りではないから。

王道アイドルソング王子様衣装King & Princeって名前でデビューするってジャニーズでは珍しいことだったのかもしれない。とにかく名曲!

大型特番シャッフルメドレーのシンデレラガール争奪戦が恒例行事と化してて好きです。歌う側は期待値がバカ高くて大変そう。ごめんな!

 

余談ですが、確か24時間テレビにてトゲトゲ衣装でシンデレラガール歌ったSixTONESくんが結構ツボでした。

 

6位:D.D. / Snow Man

正直思い入れ補正も認める。いや他のデビュー曲どの曲も好きで、それぞれ好きのジャンルが違うのだけど、結果見たらやっぱり上位に入ってくるんやなと思った。

幕開け感がものすごく強い、爆発力のある曲だと思います。パフォーマンス込みでSnow Man全部盛り。

 

特番では、SixTONESもJUMPもガッツリパフォ込みでカバーしてくれて嬉しかったなあ!ふぉ〜ゆ〜単独コン版も観たい。絶対観れないけど笑

 

 

というわけで、以上ジャニーズデビュー曲ソートを活用した個人的デビュー曲ランキングでした〜!!!

 

オタクみんなで個人的デビュー曲ランキングを作って遊んで語るネタにでも使ってください。

ソート作成ツール

目黒担によるSnow ManのHELLO HELLO歌番組出演まとめ

遅ればせながら滝沢歌舞伎ZERO 2021完走おめでとうございました!

大変な上半期でしたね。私はというと公演開始直後に観劇したので演目変更前も観て、公演中止の憂き目にも遭い、逆に後半の公演再開後のチケットも持ってたので再開の喜びも経験し……というなんとも微妙な位置にいました。本当に色々ありましたね。

まあなんだかんだ言って感情をこんな風に趣味で動かせるんだから、楽しい上半期でした。これも元気にオタクやれてるおかげ。ありがたい話。

 

あとはGrandeurミリオン突破おめでとうございました!!!!!!!!!

4thシングル発売前日というドラマチックリアルジャニーズアイドルっぷり、そろそろ本気でアイドリッシュセブンじゃないか?と錯覚しそうになります(こら)

いつの間にか大きく大きくなって……。(誰)

 

というわけで、HELLO HELLOのプロモ期間も一旦落ち着いたかな?という頃合いのため、いつもの他ジャンルの友人(となぜか参加してくれた共通の友人)向けに歌番組系まとめてリモート鑑賞会を開催しました。

ちなみに友人、遂にSnow ManのFCに入会しました。私、沼落としの才能あると思う。(自画自賛

 

過去の鑑賞会記録はこちら。 

dmbcttn.hatenablog.com

dmbcttn.hatenablog.com

dmbcttn.hatenablog.com

こういう機会でもなければブログを書かないので、とりあえずプレゼン?レジュメ?を貼り付けて自分用のメモにしたいと思います。

大型特番シーズンだったし、怒涛の生パフォーマンス期間楽しかったな~~!! 

 

 

目黒担によるHELLO HELLO歌番組出演まとめ

 


1.テレ東音楽祭 2021/06/30 (生放送)

楽曲:D.D.

衣装:新衣装

・全く知らん夏仕様D.D.衣装!

・前髪目黒蓮は嬉し過ぎた。爽やか度増し増し仕様!

・少しこなれて余裕ある、久しぶりのD.D.でとても良かった回。滝沢歌舞伎終わりで体力余裕あったんかな…?

・発売14日前とはいえHELLO HELLOパフォ無しはちょっとびっくりした記憶がある。

・変わらずパフォ終わりにお手振りする9人の可愛らしいこと!

 


2.THE 少年倶楽部 2021/07/02 (収録映像)

楽曲:縁 -YUÁN-

衣装:縁 -YUÁN-衣装

滝沢歌舞伎中の収録のためガッツリ黒髪

・縁 -YUÁN-初パフォーマンスでフルサイズ歌唱。

・佐久間くんセンター!7/30に映画 白蛇:縁起 公開です。

・ガチで全く踊らないSnow Manはめちゃくちゃ珍しい。踊らなすぎて歌番組でパフォーマンスすることがない気がする。寂しいけどSnow Manの売りがパフォーマンスな現段階では仕方ないかもしれない

・特にさくまくんが泣きそうな顔で歌う。表現者

 


3.THE MUSIC DAY 2021/07/03 (生放送)

楽曲:D.D.HELLO HELLOズッコケ男道(シャッフル合同)シンデレラガール

衣装:HELLO HELLO黄衣装KISSIN’ MY LIPSカラフルスーツ

D.D.・HELLO HELLO

・夜会もだけどラウールちゃんの成長について語る役目の目黒蓮……!色んな意味で感慨深いね

・まず余裕のD.D.、1年前と比較すると本当に余裕すぎて驚く。

・HELLO HELLO、ステージパフォーマンスとしては初披露!なにかと翔くんMC番組で初披露しがちのSnow Manくん。(Grandeurもそうでしたね)

・D.D.からの繋ぎの忙しさはまあまあエグい

・横になってイントロ待ちしてるめめちゃんの右手人差し指がバイオリンのリズムに合わせててめちゃめちゃ可愛らしいんですよ。やめないで…

・HELLO HELLOラウールの出だしで、この曲はパフォーマンスガッツリやりながら大半が生歌で貫くことを知った回。「意外とD.D.くらい踊ってる」とか言いつつ、これだけ踊りながら歌までやるんですよこの人たち。

・ラウールソロの裏でこっそりニコニコで目黒に仕掛けている向井康二、カワイイ。

向井康二解ける My Heart」ガチャはもみあげアロー🏹

・笑顔いっぱいのピンク髪さくまくんほんと最高

・この回の最後のラウール✌は薬指しっかり握ってた

 
シャッフルメドレー (ズッコケ男道・シンデレラガール)

・シンデレラガールの最初、センターのラウール・歌エースの渡辺翔太に加えて、平野くんと関西繋がりの向井康二で始めるのめちゃくちゃエモ演出でずるかった。あまりにも粋。

・当初はなんでカラフルスーツやねん!もっと統一感ある衣装のがシンデレラガールでは!、って個人的には思ってたんだけど、よく考えたらシンデレラガールに合うシンプルで可愛らしい歌番組向け衣装ってキッシンカラフルスーツくらいなのは確かだった。かわいいし(結局)、ピュア曲だからかラウちゃんのインナーが透けてない!

・ジャニオタはシャッフルがある度にシンデレラガール争奪戦をするくらいジャニーズシンデレラガール大好きなので、ガチの気合いが見える振りの固め方してきたSnow Manマジでかっこいいです。ガチの男たち。

・ダテの「heroine」超綺麗で大好き

サビ後半でオクターブ下歌ってるの阿部ちゃんか目黒どっちかな気がするんだけど、これ入れた人天才や。厚みが出てる

・あの死ぬほど踊るD.D.を振り固めしてくれたHey!Say!JUMP先輩も嬉しかった!!個人的に伊野尾くんの「イイネ!」がセクシーで良すぎました。シンプルにさすが。

・以前のSixTONES、エイトの最後パロ、今回のJUMPと見てて、なんだかんだD.D.って最後の1列フォーメーションが特徴的なんだな〜と実感した。

・しかしシャッフルメドレーの優勝は「I promise.チャンカパーナ」を堂々とキメ切ったSexy Zone中島健人先輩です!!!!あんなの誰も勝てん。

 


4.CDTVライブ!ライブ! 2021/07/05 (生放送)

楽曲:YumYumYum ~Spicy Girl~、HELLO HELLO

衣装:HELLO HELLO紺衣装

YumYumYum ~Spicy Girl~

 

・さくまくん誕生日でしたね🎉

目黒蓮にベレー帽!!!!!!!!!!!!(ここで死ぬ)(早い)

・そして渡辺翔太にメガネ……(もう一回死ぬ)

・カメラワークかなり拘ってくれているCDTVめっちゃ好き

・ヤムヤムは岩本照振付。ここでパフォーマンス初披露でした。

・冒頭の無重力ラウール(体幹の鬼)の『ゼログラビティ』み、そして大サビ前の『スリラー』み、何より“終始人間の脳的には違和感のある動き”ばかりで引っかかりのある振付、めちゃくちゃマイケルジャクソンなんだよなあ

・相変わらずカメラワークと協力してドA型!みたいな几帳面さをフォーメーションで出してくるひかる振付めちゃくちゃ面白いです

・alligatorとparty makerの韻踏み、party makerでカメラから視線逸らす目黒蓮、マジ大好きすぎる

・指先触れるふかラウ、あまりにも指先…… 


HELLO HELLO

・ハニーレモンソーダ的な「しゅわー!」の効果音で切り替わるHELLO HELLOよい

・相変わらずラウールソロの後ろで静かにキャッキャしてる向井・目黒コンビ。MVでは康二くん逆向いてるもんな笑

・どこで映っていようとカメラ絶対逃さない阿部亮平さんのプロっぷり。萌え袖もみあげ手裏剣あります。(あざとい警察逮捕案件では!?)

向井康二解ける My Heart」ガチャはもみあげ手裏剣。その直後のあべさくアイコンタクトがバッチリ。

・ラウ「そっか 答えはここにあるんだ」でラウちゃんをしっかり見つめる宮舘さんがバッチリ映ってて最高。

・ふっかが静止芸をやる前の、最後の生放送パフォーマンス(バナナサンドオンエア前日)。「Break out Break out」でカメラにゴリゴリアピールする深澤さんさすがでした

・アウトロ佐久間くんのアクロをいわ→あべ→こじで指差したり拍手したりして周りでアピールする雰囲気もスノらしい

・ラウールちゃんの✌️、薬指が緩いバージョンになりました

・パフォ終わりに即起き上がってカメラアピール平和

・この番組でご一緒したメンディーさんに「ワイプでも盛り上がってていい子たちだった」とラジオで言っていただくくらいワイプで大暴れしていました。うれしいねえ

 


5.少クラ 2021/07/09 (収録映像)

楽曲:HELLO HELLO

衣装:HELLO HELLO黄衣装

なんとなくこの映像撮った日じゃないかなと思うんだよね

実質初めてのハロハロ番組パフォーマンスだったんじゃないかな。おそらくオーソドックスなHELLO HELLO。

・歌舞伎期間中だったため全員黒髪。ラウールちゃん17歳のハロハロ。

・収録なのでオンエア的には動いてる最後の深澤回(こら)

・この回のめめちゃんイントロは指でリズム取ってません。

・ラウールの裏で自由にアイコンタクト合戦する兄ズもいない。

向井康二解ける My Heart」ガチャはもみあげ手裏剣

・ラウ「うぅん」がちょっと幼くて黒髪前髪ありも合わせてとても可愛らしい。

・アウトロの目黒さん足バタバタさせててキュート!

 


6.MUSIC STATION 2021/07/09 (生放送)

楽曲:HELLO HELLO

衣装:HELLO HELLO黄衣装

youtu.be

・後ろのスクリーンに映画ハニレモの映像出ててそれもめちゃくちゃいい回。公開日!

・立ち上がってすぐにグータッチするふかさく、向き合ってアイコンタクトしてるあべふか、相変わらずニコニコの康二に笑顔になる目黒、真正面にめっちゃピースのひかる、ド真顔のゆり組(それぞれのHELLO HELLO)

向井康二解ける My Heart」ガチャはもみあげ手裏剣。ここで後方に走り込んで待機するだてラウが好き。Mステは結構映り込んでるほう。(細かい)

・ラウ「そっか 答えはここにあるんだ」でたぶんダテの顔映るように、腕の位置修正したね!?っていうのがやっとわかった回

・「運命のエスコート」でしっかり指ハートする阿部さん!(アイドル大学ジャニーズ学部首席)

・1サビ「Break out Break out」が引きの画なので、いわだてシンメが片脚で体の向き変える瞬間がめっちゃ見える。体幹ヤバイ。ここのラウールさんはセルフスロー!?ってくらい大きくゆったり(でもリズムに遅れない程度)で踊るのがいつも見事。

・大サビ前で頭ぐりぐりするいわあべ、よい。

・ラウール「全部全部きみのせいだね」でしっかりラウちゃんを見上げる宮舘さんの表情が最高。Mステ回は宮舘さんの表情がとっても素敵だなあという印象が強かった。シンメ位置の阿部さんが思いっきり跳ぶのも好き。

深澤辰哉のバナナサンド仕込み静止芸、始まりました。まだアップにはされなかった日。他局のネタなのにすごくない!?超笑った

 


7.FNS歌謡祭 2021/07/14 (生放送)

楽曲:HELLO HELLO、笑顔のまんま

衣装:HELLO HELLO新衣装

HELLO HELLO

・MV衣装思ってたより厚着なんだよな〜と思っていたらイエロー・オレンジ系統の夏衣装出してきた回。衣装めっちゃある!

・この回のめめちゃんイントロは右手全体でリズムを取っています。

・キャップ被ってる半袖少年スタイル岩本照めっちゃいいな!って思ってたら友人に刺さってた。(余談)

向井康二解ける My Heart」ガチャはおそらくもみあげピストル🔫

・「Trust me Trust me baby」のラウールさん、両手のひらでデカハート

・「Kiss Kiss me to Lips」でばっちりウインクキメるさくまくんのアイドルっぷりには拍手

・「かけがえの無い Every moment この先ずっと」の康二がカメラのジェスチャーをサラッとしてて超カッコいい

・「手にしたけど Alright」のあべだては遂に手を握った

・オチサビ直前目黒ソロの背中合わせ4ペアのパート、絶対に背中をつけないなべラウ本当に面白い

ガッツリ静止真顔芸ドアップで抜かれる深澤さん!ほんとこれハロハロだからこそできる面白ネタなんだよなあ。他メンバーが全く笑わずにパフォ続行できるプロっぷり

・ラウ「全部全部きみのせいだね」のキツネは、両手でキツネを合わせると「キス」の意味になるからかなと思ったんですが、どうでしょうかね☺️ここのあべだての表情がめちゃくちゃ良い 


笑顔のまんま 明石家さんま・BEGIN・Snow Man

まさかの大トリに出ると思わず超おもろかった。当日朝にコラボすると知らされて寝耳に水のオタク。

・MCでニコニコしてるSnow Man可愛すぎる。ガヤ要員で賑やかだから使われたんかな笑

・初の22時過ぎラウールちゃん!!!おめでたいね!!!

Snow Manの今のところ最後のバック仕事がさんま&BEGINなの一番面白い。

・全員超楽しそうで多幸感が半端ない!後ろでぴょこぴょこしてるだけでありがとう!合いの手もサビもありがとう!

・いやほんまにこれ最高のコラボだった

・歌終わりで相葉・さんまの会話に「いよっ!」って合いの手やさんまさんにツッコミ入れれる向井康二の度胸の凄さ

 


8.音楽の日 2021/07/16 (生放送)

楽曲:D.D.HELLO HELLO

衣装:HELLO HELLO新衣装(イエローネイビー系)

youtu.be

D.D.

また新衣装なんですがマジ衣装いくつあるんですか!?!?ひかるにベレー帽被せたの誰!!!!!(最高)そろそろSnow Manベレー帽被害者の会できてしまう。

・コココガチャは安定のラウールさん。ラウールさんのベルボトム最高じゃない!? 


HELLO HELLO

・この回のイントロ目黒さんも右手でリズム取ってる

・ふかさくグータッチからのあべふかアイコンタクト、めめこじも目黒が笑ってるのまで見えてる!

・なべソロ「どんな時も 飛んでいくよ」の部分、たぶん周りの足音が微かに入ってて臨場感ある

向井康二解ける My Heart」ガチャはターンしてキメ!

・あべだて「手にしたけどalright」阿部ちゃんがダテの手をサンドイッチ。ダテが『お!』って顔してるのも良い

・間奏のさくこじめっちゃ笑顔で踊ってて多幸感。ふっかのカメアピゲッツも良い!

・落ちサビ背中合わせ、いわあべが頭ぐりぐりしてる

大サビ全部静止芸に使う深澤辰哉のメンタルガチ強✌️

・さくまくんのスピンは相変わらずスゴイ。衣装もよく耐えるよなあ(?) シャツがずれてタンクトップ見えるのも絶妙に良い。

・ラストの🖐✊✌️でお膝が映り込んだラウールちゃん。

・若干音楽の日のラウールさんは落ち着き気味な気がしたのだけど、若干クールめな衣装に合わせてなのかもしれない。同日のシブヤノオトは元気めだったので、そういうところ流石だなあ

 

9.シブヤノオト 2021/07/16 (生放送)

楽曲:HELLO HELLO

衣装:HELLO HELLO黄衣装

https://www.instagram.com/tv/CRbhYGrDqUO/?utm_medium=copy_link

2021/07/26時点で一番最後の生パフォーマンス。個人的にはかなり好きなパフォ。音響音質は微妙だけど(辛辣)、生歌がかなり聴けるし、本人たちの音程も安定しててめちゃめちゃいい

・イントロでのふかさくグータッチ

向井康二解ける My Heart」ガチャはターンして内ポケットから指ハート

・康二ソロのだてラウ待機時に、ふかだてがアイコンタクトしながらリズム取ってる

・「そっか 答えはここにあるんだ」の時の下手側ふかさく可愛い

阿部さんは本当にカメラチャンスを逃しませんね……(アイドル大学ジャニーズ学部首席の男)

・「かけがえの無い Every moment この先ずっと」のふかこじがはしゃいでてかわいい

・「手にしたけど Alright」のあべだてはダテが阿部ちゃんの手をサンドイッチ

ふっかの静止芸ガッツリ!NHKなのに凄いな!!笑

 


10.バズリズム02 2021/07/14 (収録映像)

楽曲:HELLO HELLO

衣装:HELLO HELLO紺衣装

・なべラウちゃんの風呂喧嘩エピ続々出てくるのめちゃめちゃオモロやない?11歳差ですよこの人たち……(11歳差ってスゴイ)

まだ岩本照が黒髪だった頃。プロモ期間初期の収録ぽいよね

・イントロの目黒、人差し指でリズム取ってるのやっぱり良い

・ラウール冒頭ソロで目黒に熱烈アピールする康二ほんと可愛い

向井康二解ける My Heart」ガチャはもみあげ手裏剣

・なべソロ「もう一生離さないと抱きしめるよ」で楽しそうに背中もたれ合ういわあべ!!!

・落ちサビ前「ただ」で優しい歌い方しながら人差し指クイクイッとする目黒さん

・バナナサンド放送前の収録ぽいので深澤さんの静止芸は無しでした!わりとオーソドックスに近いパフォーマンス。

 

 

以上歌番組まとめでした!

総括するとハロハロパフォーマンスは9人とも笑顔弾ける元気なパフォが多くて毎回幸せな気持ちになってた。優しい笑顔が多いんですよ。

それはHELLO HELLOの歌詞が、どこか「青春を見守るような」歌詞になっているからかなあと思うんですよね。幼すぎないというか、大人目線でも目を細めて見つめられる塩梅が素敵。この塩梅を絶妙に表現できるのが、きっと20代のメンバーたちなんじゃないかな~。すごいバランス。

 

衣装もめっちゃあったな~~~。流石上半期売り上げ1位……!

 

映画『ハニーレモンソーダ』もすごく良かったです。青春っていいなあ、チャレンジするっていいなあ、勇気を持つって大事だなあと感じるような、丁寧で優しい作品だった。自分がファンをしているアイドルがこんな作品に関われてるのがとても新鮮で(笑)、幸せでした。

7/30~の『白蛇:縁起』もかなり楽しみ!

 

2021年下半期もこんな感じで楽しんでいこうと思います。そろそろアルバムとツアーに戦々恐々、もう時間の問題やろ。がんばろうな。

おわり。

世界の真ん中はいつだってきみの立つ場所だよ!という話。~ラウールさん18歳おめでとう~

HAPPY BIRTHDAY ラウールさん🎉🎉🎉🎉🎉🎉🎉🎉🎉

 

2003年生まれのラウールさんは、2022年の民法改正「成人年齢引き下げ」対象の年齢です。

つまりラウールさんが2021年6月27日に18歳になる=実質20歳と同義、なわけです。(でも飲酒喫煙その他色々はダメなものもあるよ!)

そう考えると、2003年生まれが18歳になる=ほぼ成人、なんですよね。え、おめでたいな!?!?!?!?


と思ったわけで、これから私がSnow Manの沼にハマってから3年間のラウールさんの話と、最近思うことの整理をします。

ちなみにこの記事は酒に酔った勢いで書いています。計画性0過ぎてそのうち消す気がする!(最悪)

 

世界の真ん中はいつだってきみの立つ場所だよ!という話。~ラウールさん18歳おめでとう~

私が村上真都ラウールさんと出会ったのは彼が15歳の時でした。Snow Manに加入したてのピッカピカぴちぴちほやほや中学3年生。2019年3月にMステで披露した「ひらりと桜」のパフォーマンスでした。なんか真ん中に堂々と出てくるオーラ激ヤバの赤ちゃん。そんな感じ。

バラエティ面では、まだ年上のお兄さんたちに遠慮しつつも人狼やカルタ企画など言うときは的確に言いながら可愛い旋風を巻き起こす、「なんか面白い子」でした。

 

その時同時に感じたのは、Snow Manというグループ全体がこの子の成長を支えようとしてるなってこと。この子にグループの良さを全部突っ込んでやれ、ジャニーズの面白いところを叩き込んでやれ。良い意味でそういう気迫も感じました。

Mステのひらりと桜ほんと良かったですよね。悠々とカメラに背を向けながら現れ(これすごい話だよな)、ド真ん中センターに入って堂々とソロパート歌い上げる。なかなかできることじゃないと思う。

その当時はまだSixTONES寄りだった私でも、Snow Manもしかしたら面白いんじゃないか!?と思わせる動きでした。(その後私が目黒蓮に落ちるのもおもろいんだけど)

 

 

2019年、色々な声がある中彼は9人体制になったSnow Manのセンターとして、滝沢歌舞伎ZEROも、ドラマも、サマパラも、8.8Jr.祭りもデビュー発表も、デビューに向けての準備も本当に全て駆け抜けてくれました。

 

 

2020年、10歳以上年上のメンバーが大半のグループで、16歳で彼はデビューしました。

学校生活もコロナ禍も、デビューライブ中止も、メンバーの自粛もありましたね。

3月に出たCDTVで怒りを爆発させるようなパフォーマンスを見せたラウールさんのこと、忘れへんと思う。どんな気持ちがあってどんな想いを込めたものだったかはこちらにはわからないけど「何かの想いがあった」のは間違いなくて。

彼のパフォーマンスってやっぱり「常に最高」と同時に「その時にしかできない最高」でもある生きたパフォーマンスなんだなあと改めて実感したことを覚えています。

すごいのよ、この子の身体から出るパフォーマンスって常に「その時だからこそできるもの」がプラスされるから、「その時点に受け手が生きてパフォーマンスを見ていること」に価値があるのよ。生きることをパフォーマンスで訴えるアイドル。凄すぎる。

 

 

2021年、彼は2020年を経て随分大きくなった気がします。

冠番組でのバラエティ、映画での主演ソロ現場、滝沢歌舞伎ZERO、デビュー組としての扱い、延期からの無観客デビューライブ、年末年始のコロナ自粛、3rdシングルでの1周年……いろんな経験と現場を経て、肝が据わったというか。

元々めちゃくちゃ賢い子なのだけど、その時その時で「何が求められているか」の感度がめちゃくちゃ上がったというか。より的確に応えることができるようになったなあというか。

ブログの書き方とか、変わったなと思うんですよね。もともと上手に訴える子ではあるんだけど、より直接かつ「伝えたいことを正確に」書く賢さも身に着けたなと思うのです。

背も伸びたし。何よりSnow Manのセンターとして安定したなあと。

 

なにより、8人のSnow Manメンバーが、それぞれのアプローチでラウールに接して色んな姿を見せる中、本人もそれぞれの良いところをきちんと理解して吸収してるのがすごくいいなと思うんですよね。

いわばラウールってピュアで、Snow Man全員の背中を見て教育を受けているからこそSnow Manの方向性の結晶そのものを表すんだと思う。

 

だから私はラウールがデビューライブオーラスで言った「僕を、Snow Manを応援している人が将来大多数になります!スターになります!」って言ったの、本当に叶うと思ってる。

Be Proud!!の大サビ前でストレートに「世界の真ん中はいつだって!」って歌う彼の経つ場所、やっぱり世界の真ん中になるんだと思うんだよね。

 

少し真面目な話。

前のブログでも書いた延長で話すと、ラウールという新世代は「ジャニーズらしくない」と「ジャニーズらしい」を同時に叶えるためにSnow Manに必要な起爆剤だったと思うんですよ。 

dmbcttn.hatenablog.com

 

目立つ人ほど「出る杭は打たれる」文化がまだ根強い日本では、沢山の困難があると思います。

18歳、つまり来年には成人年齢になるということは、いよいよ今まで以上に大人として扱われるということでもある。19歳で成人になるという“ややこしい世代”である彼は、もしかしたら来年18歳になる世代よりももっとしんどい面があるかもしれません。

でも、彼には伸び伸び自由にパフォーマンスしててほしいなと私は願いたい!沢山悩んで沢山チャレンジして失敗することがあっても、よく頑張った!って言いたいし(Snow Man全員に対してそう思うし)、諦めないでほしいなと思う。

どうかどうか、18歳もその先もラウールさんが「アイドル最高だよ!」って言える世界が続きますように。8人から沢山の愛を受け続けられますように!!!!!!!!!

 

18歳おめでとう。ラウールさんの活躍をこれからも楽しみにしています!大好きだよ!

あと!!!!目黒のことをいつもありがとう!!!!(誰目線)

 

 

 

酔った勢いで書いた記事じゃやっぱり低レベル過ぎてそのうち消すと思う

ひらりと桜という歌が好きですという話。

みんなーーー!!!!!
Snow Manの公式YouTubeチャンネルに彼らの滝沢歌舞伎ZEROの名曲 ひらりと桜 がアップされたよーーー!!!!!
 
 
忘れもしない、2019年3月に病室で観たMステひらりと桜、そして7月の音楽の日のパフォーマンスで心鷲掴みにされたオタクなので、ひらりと桜の話をしに来ました。
ちなみに死にかけてSnow Manに沼落ちした話はこれ。 
 
 
メロディラインはもちろん、日本の国花である桜をテーマにした歌詞、そしてその桜をSnow Man9人に見立てたA.B.C-Z五関晃一くん監修の振り付け全てが「美」のパフォーマンスで大好きなんですよ。
これが無料で公開されちゃうなんて世も末だな!!!!!!!(世も末?)
みんな、観てください。
 
というわけで私は今回この曲の歌詞に注目して、また色々調べたので勝手に解釈してみたいと思います。 
 
まあ相変わらず言いますけど、ただのオタクの勝手な解釈なんで。最後まで書いて思ったけどめっちゃ勝手な解釈なんで。書きたかっただけ!
滝沢歌舞伎に意味なんてない、たぶんそれが正解です。解釈は人それぞれ、正解は滝沢秀明の頭にしかないよ!
 
 

ひらりと桜という歌が好きです、という話。

私はこの曲、歌詞が良いなあと思っている。というのも、歌詞は全て古典的な日本語で、日本の美学に則った「祈りの歌」だからかもしれない。
思いっきりトランペットやフルート、ドラムやピアノの音突っ込んだ洋楽器の楽曲なのに、歌詞はすべて日本語。それも古典文学に出てきそうな言葉を並べて和歌のような歌詞になっている。流石に五七五七七ルールはないっぽいけど。あったら震えてた。
 
で、和歌や短歌というのは文字数に制限があるので、掛詞という同音異義語で心情や描写を掛け合わせて表現する技法*1を使うことが多い。学生時代に古文で勉強したな~~!!
そう考えるとひらりと桜を聴いていて、結構引っかかるワードがあるんですよね。「これってダブルミーニングだよな?」みたいな。そこをちょっと拾い集めて、言葉調べて、この曲に込められた想い・祈りを整理してみようかな、と思う次第。

 

 

歌の役割について

そもそも歌の役割って何だろう?と思いませんか。(スケールバカデカな入り)

私は、歌というものは元々祈り・集団の団結・伝承といった目的があると思う。まあこれは持論ですけど。

 

ちょっと大きい話になるが、日本国歌である君が代やフランス国歌のラ・マルセイエーズを例に挙げる。

君が代は「天皇陛下の世が永遠に平和に栄え続きますように」という祈り*2であり、ラ・マルセイエーズは「武器を持て市民よ!軍隊を組め!」という集団の団結を呼びかける歌*3。まあ歌詞だいぶ過激なんですけど。

これらを一緒に歌うことで「その集団に所属している」という仲間意識や、同じ祈りの共有を強めるんですよね。たぶん。

また歌による伝承でいえば、身近なのは「あんたがたどこさ♪」に代表されるような手鞠歌*4とかでしょうか。

リズムに乗せて歌い継ぐことで、ただの口頭伝承よりも正確に(そりゃ文字として残るよりはだいぶ弱い)物語を後世に残しています。余談ですが、論文やレポート資料にウィキペディアを載せるのはダメだからね。学生のみんなは気を付けましょう。先生に怒られるよ!

あとはキリスト教における讃美歌とかも「キリスト教祈りと伝承」の役割を持った音楽・歌ですね。

 

つまり歌というのは歌う人たちの仲間意識とか、作り手の祈りの共有、そして伝承を強める役割があると考える。

まあそういう話の研究は頭のいい人がたくさんやっていると思うので、興味あったら調べると面白いよ!(丸投げ)

 

 

ひらりと桜の歌詞を考える

 ここからは歌詞を使って考えてみるよ。

 

ひらり きらり 暁を踊れ 継ぐる夢のひとひら

天穿ち咲き誇る意志 照らす華 常世を舞う 

・暁→夜が明けようとして、まだ暗いうち。広辞苑によると「夜を三つに分けた第三番目。宵・夜中に続く。現在では、やや明るくなってからを指すが、古くは、暗いうち、夜が明けようとする時」*5

 

・天穿ち咲き誇る意志→「穿つ」とは色んな意味があるけど、「1、穴をあける。掘る。また、突き通す。貫く。2,押し分けて進む。通り抜けて行く。(中略)5,新奇で凝ったことをする。」*6あたりが該当するかと。

ここで何より「穿つ」というワードに引っかかるし、「天」を「あま」とわざわざ読ませていることからも、「雨穿ち裂き誇る石」=「雨垂れ石を穿つ」に掛けているのではないかと。

雨垂れ石を穿つ」→小さな努力でも根気よく続けてやれば、最後には成功する*7彼らに贈るにはこれ以上ないエール。

 

常世を舞う→「常=いつまでも変わらないこと。永遠に不変であること。」つまり、変わらず永遠に舞続けろ!という。

と同時に、さっき出てきた「暁」や「宵闇」から考えると、この歌詞には「夜」の雰囲気が沢山あるんですよね。「常世=とこよ=常夜」も掛詞として読み取れると思う。

=夜が続いても舞い続けてくれ!という願いも込められているのかなあと。夜というのは静かで暗く怪しい、不穏なものの表現でもある。

 

 

桜吹雪 酔い踊れ

新たなる幕開けだ

ひらり いにしえの桜 ひらり きらりと桜

・酔い踊れ→「酔う=酩酊する。うっとりとなる」「踊る=とびあがる。はねる。踊りを舞う。」*8

これも「酔い=宵」で掛けていると思うんだよね。「宵踊れ」はやっぱり1サビの「夜が続いても踊り続けろ」という願いに繋がるし、酩酊したように踊れ!というのはもはや狂ってるんだけど、後々Aメロで「狂い咲く桜」って出てきてしまう。(滝沢歌舞伎やべー!)

 

・いにしえの桜→「いにしえ=古代。昔。過去。以前。」「桜=春に咲く日本の代表的な花。古くから花と言えば桜をさした。」

 

 

月明かり照らす夜に 狂い咲く桜

宵闇にうつる花びらは 夜を明かしてく

 この歌詞は凄いなあと思っていて、さっきも少し触れた「桜吹雪酔い踊れ」に意味として共通する「狂い咲く桜」なんですよ。一心不乱に狂ったように踊れと。

滝沢歌舞伎って良い意味でメチャクチャに狂った舞台だというのはみんな知ってると思うけど、もうオープニング時点で「狂ってるから!」て紹介してる。ヤバイ。

でもその狂い咲く桜の花びらが、暗く静かで不穏な「夜」を明かしていくという描写。

 

 

栄華を極めた華は 継ぐる種を花咲かす

想い巡りてひとひらの灯が 浮世に灯る

 ・栄華を極めた華は→「栄華を極める=莫大な財力や権力を手にして、これ以上ないというほど富み栄えるさまを指す表現。」*9

平家物語の「盛者必衰の理」を意識しているはずなので、栄華=必ず終わりがあるという考え方があるように思うんですよね。

 

・継ぐる種を花咲かす

ここは2019年版滝沢歌舞伎ZEROの円盤ドキュメンタリーでラウールくんが解釈をお話ししていたし、おそらくそれが正解なので敢えて使う。*10

栄華を極めた華=滝沢くん、継ぐる種=Snow Man

これ以上の解を出すのは間違いかなと。

 

・浮世→浮世は憂き世と同じで「浮世=1,仏教的厭世観から、いとうべき現世。つらいことの多い世の中。無常のこの世。2,死後の世に対して、この世の中。現実生活。人生。」この辺の意味かな。

⇒マジ色々ある世の中(夜の暗喩かもしれん)にSnow Manが明かりをつけろよと。

 

時は巡りて 夢はうたかた

芽は息吹き 暁を鮮やかに染める

・夢はうたかた→「泡沫=水面に浮かぶ泡。はかなく消えやすいものを泡にたとえていう。」

夢は儚く消えやすいものだけど、前述部分とつなぐと、継ぐる種が芽になって、暁=まだ暗い夜に明かりをつけるよ、になる。

 

 

ひらり きらり 浮雲避けて 永遠に届く ひとひら

映え映えも 灯る有涯に 魅せる華 常世を舞う 

特にめちゃくちゃ良いなと思うのがここから。

浮雲→「浮雲物事の落ち着きがなく不安定なさまのたとえ。」「雲=雲は自在に形を変える。そして大きさも色もさまざまである。内面の象徴としてもよく歌われる。」

 

・映え映え→「映ゆ=照り輝く。鮮やかに見える」

 

・有涯→「限りある存在。果てのあるもの。この世。人の一生についてもいう。」

ここの歌詞、「限りあること」を理解していながらも「永遠」「常世」を願っている。

盛者必衰、命あるものには限りがある、そして移り変わるから美しい、みたいな日本の美意識がめちゃめちゃ出てる部分なんですよね。

滝沢歌舞伎についてタッキーも、Snow Man(というか特に岩本照)も「日本の文化を世界に!」とよく言っているけど、まさにこれが1つ日本の美意識として歌に表現されていると思う。

これから花開く予定の子たちに「有涯」なんて終わりを匂わせるの、最高にロックですよ。

 

 

ひらり きらり 幽玄の舞は 幼目に見た 輝き

この手高く掲げて ひらり いにしえの桜

ここもとても好きな歌詞。 

・幽玄→「幽玄→1,物事の趣が奥深くはかりしれないこと。また、そのさま。2,趣きが深く、高尚で優美なこと。また、そのさま。(中略)4,中古の「もののあはれ」を受け継ぐ、中世の文学・芸能の美的理念の一。言葉に表れない、深くほのかな余情の美をいう。」

そして私は「幽玄=有限」に掛けていると思うんですよ。それは前述の「有涯」とほぼ同じで、むしろ「Snow Manは、滝沢秀明座長の滝沢歌舞伎の終わりを、目の前で見ていた」ことにも繋がるのかもしれません。

Snow Man9人とも、子どもの時からジャニーズにいて「幼目で」滝沢歌舞伎を観たり、出演したりしていることもふまえてこの歌詞を読むと、「その趣深さに魅入った子が、今、座長として舞いますよ」に繋がると思いません?まあ私の拡大解釈ともいえるんですけど。

 

なんかその、幼いときに心動かされた・魅入ったステージの真ん中で、新しく夢を抱えて踊りますよという描写がとても美しいんですよね。

 

 

継ぐる夢の ひとひら

天穿ち 咲き誇る意志 照らす華 闇夜を裂く

ここでまた出てくる「天穿ち 咲き誇る意志」。今度はその咲いた華(=花)が「闇夜を裂く」。暁を踊り、夜明けを照らして朝を連れてくる。

もしかしたらその「夜」は冬の暗喩かもしれないね。桜は春の季語であり、春とは明るさや最盛期・栄華・楽しい時期の表現でもあるので、春の時期に上演する滝沢歌舞伎そのものでもあります。寒く暗い冬から春を連れてくる、ペルセポネーかな!?(ギリシャ神話すな)

 

まとめ

そんな感じで言いたかったのは、ひらりと桜という歌は「限りあるとわかっていながらも、Snow Manという大輪の開花を、そして永遠を願う祈りの歌」、そしてそれを本人たちが歌うことによって「仲間意識を共有するもの」ではないかということです。

栄華には終わりがある盛者必衰の理や、有涯という考え方を前提に、「かならず終わりがある儚さ」のをわかっていながらも「咲き誇れ!舞い踊れ!」という最大級の願いが込められている。永遠なんてないんだけど、わかってるんだけど、という人間らしいわがままも込めて。

 

その考え方が日本的だなあと思うし、奥ゆかしいのかと思えば「酔い踊れ」「狂い咲く」なんていう、滝沢歌舞伎独特のクレイジーさも込められてて、切実な祈り。

 

そして今、2020-2021年って、コロナだのオリンピックの動向だの災害だのでまさに「憂き世」なんですよ。奇しくも「浮世に灯る」がとても合う時代。

色々2020年ありましたね。でもその中で快進撃をSnow Manは続けてきたね。ひらりと桜に込められた祈りを現実化している、とも言えるんじゃないかな。

 

ちなみに目黒蓮、ひらりと桜で本当に手を合わせて祈ってるんですよ。3:38あたり。胸がギュッとするね。

youtu.be

 

人生にも人の心にも永遠なんてないけど、ずっと見ていられたらどれだけ幸せかと思う。でも永遠がないからこそ、今を全力で楽しみたいね。

そんな感じで好き勝手な解釈は終わっておきます。

言いたかったのは、ひらりと桜の世界観が大好きやで!ってこと!!!!

 

まあ、深い意味なんてないのが滝沢歌舞伎の醍醐味だよ!

おわり。

 

 

滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movieの円盤マジ楽しみです。 

Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.鑑賞会をしました

いつもの、私がSnow Man沼にド突き落としてしまった友人とオンラインでDVD鑑賞会をしました。

過去の鑑賞会記録はこちら。

 

dmbcttn.hatenablog.com

dmbcttn.hatenablog.com

dmbcttn.hatenablog.com

 

今回も鑑賞会に向けて自分の好きなポイント・見て!って言いたいポイントを整理するため、色々メモに書いたので備忘録として置いておきます。書いてるうちに全部好き!(丸投げ)ってなったけどね!?

友人が購入したのが初回盤だったので、今回は初回盤本編のみ。

個人的に“好きなポイント”を抜粋している。目黒担なのでとにかく目黒が大好きです。ていうかanan単独表紙おめでとう。相変わらず爆弾なきみが大好きです!

SnowMan目黒蓮『anan』ソロ初表紙 「色気のアイコン」の秘密に迫る、艶濡れグラビアは必見 | ORICON NEWS

 

Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.好きなポイント集

 

 

1.Make It Hot

・4日間9公演、この日3公演目の掠れた声で煽る岩本照の臨場感

・ゴンドラの内側にハンドルがある。めちゃめちゃ歌いながら手動で回転かけててちょっと面白いしスゴイ。

・ゴンドラフライング組、全員もちろんなんだけど康二のコンパクト+身軽さ!

 

2.Cry out

・テンション爆上がりすぎてネジぶっ飛ばしてるラウールぽんが1人花道まで出てるのを、顔見合わせながら笑ってる岩本・渡辺・目黒の顔はマルチアングルで絶対見るべきポイント。通常盤ビジュアルコメンタリー第1の見所

・ちゃんと戻ってくるのが間に合うラウぴ面白い。

・佐久間・目黒、ラウール・目黒のハイタッチシーンも良いポイント。激しいからこそ結構コンタクトしてる。

 

3.Party!Party!Party!

・さくこじグータッチ見ると、ライブ後雑誌のインタビューで「メンバーをよく見たライブだった」と言ってたこと思い出す

・花道丸ごとリフターになるステージ構成は初めて観た。めっちゃ面白い機構。

・9人いれば横アリ縦一列埋まるという。

・いわあべの兄弟感!なべのシャウトをわざわざ下から覗き込むラウぴ!

 

4.紹介ラップ

・ドアップの目黒あまりにも綺麗な顔

・さくま紹介のオタ芸が日に日に上手になる目黒蓮カワイイ

・「早押し機」で康二の頭叩くあべちゃん!いいね!

・阿部ちゃんの「ラウル!」好き

特典メンバー別ベストシーン集岩本照の紹介ラップセリフ集の時、ふっかの「ひーくん!ひーくん!」煽りを連続で聞くと頭おかしくなりそうでウケた

 

5.D.D.

・この回のD.D.は、もう「気迫」の一言。良い意味で、今しかないこの気迫。

 

6.ひらりと桜

・17歳でこんな立派なスピーチできる!?!?毎回思ってた。

・ライブ用のドラム追加アレンジも良い。ライブ向けって感じ。

・イントロで一瞬上手側斜め上からのアングルになる時、後列最奥なのに頭の位置が高い目黒の背の高さにハッとする。

・ラウールソロで抜かれる佐久間くんの横顔と手の表現の美しさ!

・「照らす華 闇夜を裂く」直後の康二の音ハメする腕、良い。

 

7.Boogie Woogie Baby

・タイマン形式、オタクが大好きなやつ。さくラウがタイマン時煽り合ってると通常盤ビジュアルコメンタリーで言っててそう見るとさらに面白い。

・あべこじ先頭で歩いてくるアングル!!!

・配信の時は花火で画質が落ちまくっていたので、円盤で正常に美しくSnow Manが観れることに感動した。マジで。

 

8.Acrobatic

・このポール、トロッコ代わりだったとしたらめっちゃ怖い笑

・なべこじハート(と割るなべ)、かわいい

・ラウールぽんのお手振りピース「テレビ!?」芸ほんと好きだよね…

・「開いて閉じてかいて イケメン!」ひかるの音の取り方が裏拍っぽくてとても好き

 

9.ナミダの海を越えて行け

・イントロ「yeah!」で頭上カメラにピースする目黒サイコー!

・最終公演だてこじの煽りが「東京ドーム!」「早く行きたいね!」だったの楽曲も合わせてとてもよかった。次、まずはドームでナミヲを歌おう

・目黒・ラウールパート、ラウぴがあまりにも幸せそうで大好き

・ふかさくこじのドラマ班、胡座ふっかがエモい顔しててとても良い

・あべなべのハモリBメロ無条件に大好き。あべちゃんの右手がイイネ

・いわだて力強くて疾走感が半端ない。この組コンビは“男!”って感じでよいよね。

・この曲にカラフルな花吹雪降らせた演出大正解!

 

10.Snow World

・最初のポーズ、ラウぴが小文字のw、ひかるが大文字のWなのめっちゃ良い。みんな好きでしょ岩ラウ。

・「太陽なんかじゃ〜」のだてさくラウがぴょこぴょこしてるパート、大きい弟を遊んであげるお兄ちゃんズ構図でニコニコする

・だてさんの前で跳ねたさくまくんが、ニカっと笑うの大好き

・ソロリレーで周りが歌う人の応援するのも素敵

 

11.Stories

・これだけ動き飛び跳ねまくった前半ラストにStories持ってくる体力バカ具合が凄すぎる。疲労出てるのが逆に味になるという体力すら演出に使うスパルタっぷり。まだライブ半分なのよ

・なべのラスサビが起き上がれないほどの迫力。

 

12.MC

・ラジオでも積極的に作家さんを巻き込む康二、下手のカメラさんを巻き込んで仲良くしてて良いなあと思う。配信だからこそできる感じ。

・ラウールに「キモい」と言おうとして即バレ、「まだキまでしか出してないから」と平気な顔で言い逃れしようとする目黒蓮ほんと最年少振り回してて最高。

・ボケようとするラウールを見守り、謎の方向のボケをフォローしまくるふかこじ、あんまりにも優しい世界。褒めて育てる方針すぎる笑

・ゆり組に「キタコレ!」の阿部ちゃんMC内で1番でかい声しててオモロい

・ふっかの着替えシーンでしれっと「ッテッテッテッテ…」ってカウント打ってるの舘さんかな?めちゃウケるとこ。急なアテレコといい宮舘くんは深澤フォローの鬼かな???

 

13.KISSIN’ MY LIPS

全員ランウェイ経験あるからってステージをランウェイに見立てる映像出しちゃう演出よ!(超褒めてる)

・このムードある楽曲に、革手袋まで着けて顔以外徹底して肌色を見せない衣装を合わせるの、スーツと同じく逆に色気を凝縮していてとても良い。数分前にMCでふざけてたのに!セクシー!!

・特に出だしの目黒、力加減の緩急が絶妙なダンスが大好き。キレと緩さの振り幅凄い。

・佐久間くんが、なべソロ中の移動でサラッとフィギュアスケートのタノジャンプみたいなのかましてる。移動しながらなのに軸ブレなしで超綺麗。加点あげたい。(急にスケート)

・ラウこじロータッチ大好き。

スーパーいわさくタイム中爆速ムーンウォークでステージ横切っていくラウぴ観るの楽しい。結構広い画角なのに一瞬で消えてく。

・まーーーじで好きだからKISSIN’ MY LIPSは一生歌い踊り続けてくれないと困る。年齢重ねるごとに表現に深みが出そう。

 

14.終わらないMemories

・キッシンとの差で情緒ぶん回されるセトリ。

・ひかるの気持ちの入れ方が凄い。汗だくでがっつり気持ちいれて泣きながら歌うからこっちまで泣きたくなってしまう。楽曲表現がほんとうにうまい……。

 

15.Don‘t Hold Back

・まずこの曲超オシャレ。ジャズちっくでサックスやトランペットの音の副旋律がガッツリ入って聴きどころがありすぎる。

・いわふかラウ、あべさくめめ、だてなべこじの3島に分かれる演出も其々の楽曲表現が違って楽しい。

・「憧れを」「手放した」「あの日々に」「背を向け」の掛け合いするいわふか!ここのいわふかラウ島は掛け合いいわふかをラウぴが「うちのいわふかですよ(ドヤ)」ってコミカルなドヤ顔してるのが通常盤アングルには入ってるので通常盤持ってる人は絶対に見てほしい。

・佐久間くんの画角の美しさ!!!!

・目黒とラウールの表現の違いが面白い。ラウールは音や歌そのものになるけど、目黒は目黒蓮が曲を表現している感じ。この曲のこの2人、(他にも入り込んでる曲はいくつかあるけど)ほんとに入り込んでる感じがする。

・サビ前目黒の、腰から落とすキレキレダンスが最高!手の指の残し方といい衣装の腰の見せ方といい、素晴らしくて毎回痺れてた。指先まで繊細に綺麗だけど、力強いキレがあるから弱々しくならないのがたまらない。

・「遠慮しないでブチまけて」の康二の足がキュッと揃うところも大好き。ブーツカットのパンツとベレー帽のお洒落さは流石の康二コーデ。サブカル女絶対落とすマンみたいになってる。

・脚ぶん投げるさくまくん!そしてちょっと珍しい低音シャウトのなべ!

さっきまでニコニコ悪戯っ子の顔で歌ってたラウールぽんが、色気満載の顔になってストールで首締めし始める耽美さ。どえらい映像で配信当時も頭抱えたところ。美青年のセルフ首締めはあかんやろ……!(ありがとうございます)

 

16.ファンターナモーレ

・この曲を敢えてニコニコで歌わない解釈してる康二が良いです。ベレー帽とスタンドマイクと真剣な顔、めちゃくちゃ合ってる。

いわさくのマイクスタンド芸後方でポーズ取ってる阿部ちゃんカワイイね!

 

17.ZIG ZAG LOVE

・飛べ飛べ!それはもう女々しくてなんですよ(爆笑)

・舘ちゃまの煽りタイム、毎回結構しっかり言ってるのにピッタリ入るから感動してた。マジで。

・ZZL、トーンは高めかつ「KISS」や「LOVE」と可愛らしい歌詞がありつつひかるのゴリゴリラップやエッジ効いたギターメロディも入ってるいて、ポップとクールが両立した曲なんだよね。まさにSnow Manの曲だなと思っている。

 

18.君の彼氏になりたい。

・ひかるの振付のおかげで全員がいろんな解釈で「意中の女の子の彼氏になりたい男」を演じていて面白い。特にいわラウはキャラ設定しっかり作ってそう。ラウールはラブコメミュージカルだしひかるはラブストーリーな気がする。

・阿部ちゃんが1番悪い男です。「君が帰らないなんて」「連絡したって無いレスポンス」の顔、物分かり良いフリしてるじゃん。

・目黒も悪い男です。色気ダダ漏れやし絶対に帰すつもりがないぞコイツ(コイツ言うな)

 

19.Lock on!

・ワイパー阿部カワイイね!(ワイパー!は関西Jr.  Aぇ!group所属 福本大晴くんの持ち芸です)

縦一列でふっかロックダンス後にサラッと阿部ちゃんが真顔でロックダンスしてるのずっとツボってる

・ラウールソロ、目黒がめちゃめちゃ優しい顔で笑ってるのラウぴに大感謝。末っ子が本当にかわいいんだね。

ふっかロックダンスを目の前にして歌えなくなるなべを他所目に、ギターの音に合わせてエアギターしてるひかるおもろい

・いわあべなべの膝に座りに行くラウぴはドヤの雰囲気出てるし、末っ子ビッグベイビーを胴上げするお兄ちゃんたちもみんな笑顔で幸せな空間。誰やねんこんな平和演出したの

・なべの踊らない寄らないボケに「しょっぴー!」「集まらんか〜い!」てツッコミ入れてくれるあべこじ、最高

 

20.Vanishing Over

・衣装が変わる瞬間のポーズの合わせ方、毎回生でやってたはずなんだけど違和感なくてマジで頭混乱した。うまく合成してるんだろうけど、ここまで違和感ないのは職人すぎないか?どこまで生なのかラウールの髪で判断してました(そこ)

 

21.Lite Feet Dance

・これ生で盛り上げたかった。それに尽きる。

 

22.Crazy F-R-E-S-H Beat

・テンションぶっ飛んでてシャツ全開にするさくまさん

・なべこじパートの電話出るか出ないか芸好き

・舘ちゃまの「Oh baby can you feeling!」で頭バーンするのも好き

 

23.Ⅸ Guys Snow Man

・このライブでⅥからⅨになった。

・Aメロ下手端のバーで脅威の脚長を披露していらっしゃるラウールさん

・サビの康二がコンパクトでカワイイんですよ

・あべこじの煽り最高

・壁宙助走1歩目で既に跳び始めてる宮舘くんのスタートからトップスピード感大好き

・ひかるがアドリブダンス→全員で寄っていって真似の流れ、毎回アドリブなのにそのカウントになるとガチッと揃う9人の対応能力、面白いのに感動する

・マルチアングルの目黒はここで「いやいや〜✋みたいな小芝居入れてておもしろいよ

・康二のロンダート!

 

24.D.D.

・全力で煽って崩れ落ちたラウールの背中叩くひかるに泣く。

・2番のなべ「イイネ!」がかっこよくて大好き。

・肩組んで康二くんの顔見て「泣いた?」てきく目黒、康二の目見て頷くさくまくん、優しい世界や

 

25.ED挨拶

・この9人の「デビューライブの最後公演で感じていた、その時しか言えない伝えたい生の言葉」がDVDやBDに映像ソフトとして残るのがとても良かったと思う。

・特に好きなパワーフレーズ(全員最高だからスピーチ全体を聞いてくれマジで)

・ラウール:絶対にスターになるんで!

渡辺翔太:Snow Man舐めてんじゃねぇぞ。ふざけんなコラ

佐久間大介:生きててくれてありがとう!

・岩本照:最高に楽しかったなあ。

なべの最後の一言後に振り返って優しい顔してるひかるとても良い

・生きていることをアイドルに感謝される時代、凄い。アイドルこそ生きてるだけで最高なんやで

阿部ちゃんのスピーチは櫻井翔くんリスペクトもあるからか櫻井節だなと思う。「あなたは笑うかもしれない、でも!」あたりがとても櫻井節で、力強い。そして9公演全て涙を流すことなく、きっちり安定したスピーチをした阿部亮平の意思の強さも、彼らしいアイドル論を通していて素敵。

・ふっか挨拶は穏やかで「みんなの後ろ姿見てると頼もしい」がふっからしくて、ああこの人はやわらかだなと思う。

・目黒挨拶、ジャニーさんの話で泣いたと思ったら最後涙はありつつも笑顔で終えてくれるあたり、そして昔からのファンにも新しいファンにも向けて話してくれるの、この人も優しい人だなあと思う。最後、笑顔で「これからもそういう関係性でいれたら」と言ってくれるから素直に応援できる。泣いちゃう!

・ひかる挨拶「一緒に生きていってください!」こっちが言いたいセリフや(泣)

泣いてもボロボロでも笑顔で終えてくれるアイドルあんまりにもありがたい……!早くライブに行きたいです。

 

以上!

 

 

とりあえず発売から10日ちょっとで観た中での感想。

良いデビューライブだったなあ。あの4日間、本当に楽しかったよ。

色々あるけど、オタク幸せです。

 

あと通常盤ビジュアルコメンタリーは特典として優勝だと思います。

avex.jp

 



ちなみに私が2D.2D.で一番好きなのはDon't Hold Backです!

皆好きな曲の好きなポイント教えてくれ~~~!!!!!!!!!

 

あとV6解散については現実味がなくて実感湧かないので、そのうち。