読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしがV6のMIRACLE STARTER~未来でスノウ・フレークス~中毒な理由

V6 音楽

突然だが、わたしはV6楽曲のうちトップクラスで好きな楽曲の1つが、タイトルの通り『MIRACLE STARTER~未来でスノウ・フレークス~』だ。この曲はV6初期の楽曲で、クリスマス時期の少年倶楽部を観ると若いジャニーズやジャニーズJr.たちが歌い踊る姿を観ることができたりするお馴染みの名曲らしい。(少クラ難民)

わたしがそんな古き良き楽曲であるMIRACLE STARTER~未来でスノウ・フレークス~(以下ミラスタ)が中毒並みに好きな理由について少し考えてみたい。季節感どこ行ったって?知らないよ!文章になるか知らないけど書きたいから書くよ!!

 

MIRACLE STARTER~未来でスノウ・フレークス~(1996)

この楽曲の何が一番面白いのかと聞かれたら、わたしはまずは曲調だと答えるだろう。イントロだけ聴いてみても、冒頭は鐘の音。『あ、クリスマスっぽい』とイントロだけでわかる。鐘の音のバックには雪が降っている感じのシャンシャンというベルの音も聞こえる。ドラムの音がはっきりしていて少しリズミカルだな、と聴き続けたら曲が始まって13秒後にダダダッダッダダッ!と突然のギター(っぽい)の激しい音。

変ですよこの曲。いきなり曲調変わってるやん。イントロ数秒の『真冬ですよ!静かに雪降ってますよ!』感見えないじゃん。何があったんや!

これこそわたしがミラスタを初めて聴いた時の印象でした。そう、この曲はイントロだけではよくわからないタイプの楽曲だったわけだ。面白いじゃん。

 

激しくなったイントロを超えると、歌詞が始まる。6人の歌割りはサビで分かれる以外特にない(気がする)ようで、ソロパートはない。

歌詞については、曲調はクリスマスソングだけれど恋愛要素はあまりない青春ソング。10代~20代の少年から青年に変わる多感な時期の男の子の「昔のような好奇心いっぱいではなくなってしまった」寂しさと、その中でも「何か未知のことを始めたい」期待が入り混じり、進んでいこうとする心情を描いているのだと思う。そのためにはどんなトラブルでも乗り越えてやるぜ!だからついてこいよ!面白いことやろうぜ!みたいな。

この曲が発売された頃のV6の年齢(ミニアルバム『GREETING』発売時)はというと、坂本くん25歳、長野くん24歳、イノッチ20歳、ごうくん17歳、健くん17歳、ジュンピー16歳と平均年齢19.8歳。(計算したら若くてびっくりした……)結成19年目の今みたいに綺麗に出来上がってない初々しい少年・青年の感じはこの頃だからできるのだなあと思う。歌詞にちょうど良い初々しさ(だけど激しい)もこの楽曲が好きな理由の一つ。

 

そして、曲調と歌詞とを挙げた上でダンスが最高に好きだ!!!特に当時のTV出演時の映像が!!!というのも先ほども挙げたように発売当時の年齢がこの楽曲を歌うのに最適だと思っているから。

激しいドラムのリズムに合わせるように肩を揺らす激しいダンスがかっこよくてたまらないしその後の屈伸のような振りまでの流れは街中で聴いていてもその光景が思い浮かぶ。間奏との緩急のメリハリのつけ方もとても気持ちが良い。

その上この楽曲は森田剛さんセンターなんだが、彼がものすごくギラギラと輝いてるんだ。

f:id:dmbcttn:20140428225513j:plain

ほら、キラキラではなくギラギラ。御年17歳とかなのに物凄い色気。目から伝わる物凄い気迫。お手上げだよ。惚れるよ。(お前誰担)

V6では『10th Anniversary CONCERT TOUR 2005 "musicmind"』でもこの楽曲が観れるらしいので早く手に入れて鑑賞しまくりたい所存。成長したミラスタはどうなっているのか!!お金をください!!!(うるさい)

 

しかしながら、わたしはこの楽曲は10代後半~20代前半の若い世代が歌い踊ることに結構意味があると思っているため、今、少年倶楽部などでカバーしているもの(ダンスはV6バージョンが望ましい)を探している。ちなみにNEWS0304のDVDでは錦戸くんと内くんのバージョンが入っていると友人に教えてもらった。

他のバージョンをご存知の方がいらっしゃればぜひ教えてくださいな!!!!

 

なんだか支離滅裂になってしまったが、以上が『わたしがミラスタ中毒な理由』でした。おしまい。