読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドリッシュセブンの『RESTART POiNTER』で感動してるって話。

アイドリッシュセブン ジャニーズ アニメ

とりあえず観てほしい。


アイドリッシュセブン『RESTART POiNTER』MV FULL

 

2016/6/10で、彼らがメインになっているアプリゲーム『アイドリッシュセブン』(通称アイナナ)のプロジェクトは1周年を迎えたそうな。わーいおめでとう~~!!

正直ジャニオタと同じ感覚で彼らIDOLiSH7や、映像には居ないけどTRIGGER、Re:valeを応援したくて堪らないんですね。本当に。

なんとなくこの1年を振り返ってみつつ『アイナナはいいぞ!』って叫びたいので記事を書いてみています。いってみよう。

 

昨年9月に書いた記事はこちら。

dmbcttn.hatenablog.com

 

アイドリッシュセブンの『RESTERT POiNTER』で感動してるって話。 

そもそも、私がアイドリッシュセブン(以下:アイナナ)を知ったのは2015年6月10日、つまりプロジェクト発表当日でした。昨年書いた以前の記事でも書いてるけど、漫画家の種村有菜先生がキャラクター原案ってことで、大々的に発表された二次元アイドルでした。

今思えば、この突然「種村有菜先生がキャラ原案のアイドルグループ作ったよ!」ってプロジェクト発表、ジャニーズ感満載だな。ジャニオタ的に言うと1995年に「ジャニーさんがV6ってグループ作ったよ!」から続く、バレーボールデビュー組の発表みたいな感じ。

第一印象は、某有名アイドルゲームと似てるけど、アプリだしリズムゲームだし、チェックしとこ~みたいな。そんな野次馬根性でした。

 

その後、第1曲目となる代表曲「MONSTER GENERATiON」が発表されまして。(ちなみに作曲は嵐の『Fry on Friday』提供経験もあるkzさん!)


アイドリッシュセブン『MONSTER GENERATiON』MV FULL

このMVの楽曲ですね。

わたしはこのMVで楽曲を聴いたときに、めっちゃ惚れた。ほんとは30秒くらいのときの先行カットで惚れてた気がする。(フルバージョン解禁は少し後)

逢坂壮五くんのパート(おそらくハモリは四葉環くん)が「世界中旅をしてくように」って駆けあがっていく雰囲気で、『ああ、好きだ!楽しみ!』って最高にワクワクした。このあたりで、野次馬根性が純粋に楽しみな気持ちに変わったなあ。

ジャニーズでも新しいグループが楽曲披露した時に、やっぱり聴いたり観たりしてみるじゃないですか。「あ、ここ好き」とか、そういう発見があるとデビューや露出が楽しみになったりしません?わたしはSexy Zoneの時とか、パフォーマンスちょっと楽しみにした記憶ある!あ、みんな可愛いじゃん!観てみよ!わくわく!みたいな。

 

そんなこんなで7月にはライバルグループ、TRIGGERの発表がありました。IDOLiSH7の発表時点でアプリをプレイすることは決定してたんだけど、まさかの推しができるって言うね。九条天くんです。

彼らの楽曲『SECRET NIGHT』(作曲は木下智哉さん。KinKi Kids『Loving』、NEWS『ガンガンガンバッテ』『ムラリスト』、V6『愛をコメテ』『心からの歌』『バリバリBUDDY!』を提供。他にも作詞ではABC-Zに提供されていたりする。)もゲームプレイ動画として試聴開始されました。ここでまた惚れた。「あれ、わたしこのゲームの曲めっちゃ好きじゃない?」と。この時点ではまだkzさん以外の作詞作曲者情報は全くなかった。(判明するのはゲームプレイ第1部読了後のエンドロール!)

 

その後も1曲ずつ、ゲームプレイ動画として一部試聴ができるようになって、全部の楽曲が好きで。なんかいつの間にか相当楽しみになってて、事前登録もちゃんとやってて、7月末からは「配信いつ!」って言ってた。気が早い。

 

で、8月20日です。アプリリリース!ジャニーズで言うデビュー!

その日友達と遊びに行ってたんだけど、こっそり電車の中でアプリDLしたよね。妹が遊びに来てたから、帰宅して即妹と一緒にアプリをスタートさせた記憶。

今だから言えるけど、始めてすぐは早く楽曲が聴きたくて、リズムゲームがプレイしたくて、ストーリーすっ飛ばしてました。なんでこいつらバスケやってんの?いいから早く楽曲聴かせてや!!と。そんなことしてたら、普段アプリゲームのストーリーはだいたいぶっ飛ばす派仲間な妹に言われた。

姉ちゃん、これめっちゃストーリーいいぞ?

原因はこの一言だと、今でも思う。

 

以前の記事でも少し触れてはいるんですが、アイナナのストーリーは、簡単に言うとIDOLiSH7を中心としたアイドル達の成長物語です。

物語第1部(プレイヤーランクを50にすることで全開放可能)は、彼らの結成・デビュー・一つの目標到達というストーリーです。

ちなみに7人は事務所寮で共同生活してるんだよ!どこのジャニーズ合宿所だろうって話がたくさんあるよ!是非どうぞ。

彼らの成長を、私たちプレイヤーはマネージャーの目線で、だれよりも間近で見ることができます。彼らの抱える問題と向き合いながら、彼らがグループとして纏まり、アイドルとして一つの目標を見つけて、それに向かって駆けあがっていく。でも人間だからたくさん失敗もするし、挫折もするし、アイドル特有の嫌な思いもする。そんな姿を、ファンという外からの目線じゃなくて、マネージャーという、ある種内側の目線で見守れるストーリーです。

ジャニオタなら「誰と誰はリーダー争いをしてる」とか「誰と誰は不仲」みたいなゴシップとか見たことないです?IDOLiSH7の子たち、根も葉もないゴシップとか、ファンの反応を見て逆に傷ついちゃうんだよ。成長途中、まだお互い知り合って数か月の彼らは、外からの反応で簡単に脆くなります。マネージャーの目線でそれを見ると、これ、めっちゃリアルなの。だって現実でもゴシップや様々な反応をいっぱい見たことあるもん。

もうなんか全てのアイドルに対して「ああ!!不安にさせてごめん!!」って気持ちになるくらい。

 

そんな第1部のストーリークリアを8月末に終わらせて、第2部配信までしばらく待ちました。第2部の第1回配信日は2016年3月7日。約半年ってところでしょうか。それまではゲーム内イベントや、楽曲フルバージョンの先行配信、第1部のサイドストーリー配信等々で食いつなぎました。(サイドストーリーは第1部全話読了後読めるよ!)

それでも毎日ログインしたり、イベント頑張ってみたりできたのは、キャラクターの良さや、ストーリーの良さ、楽曲の良さだと思います。

ジャニーズで言う突如始まる供給のない時期みたいなもんです。ラジオのレギュラーと冠番組しかないけど、ひたすら待つ!みたいな。

 

そんな待期期間を終わらせた3月7日!第2部配信開始!今度は毎月数章ずつ、新曲2曲ずつの開放。毎月、日は違えど安定した供給があります。毎月どの日にやるかわかんないけど冠番組SPやるよ!みたいな感覚かな。

この第2部のストーリーが本当に凄いんだ。まず最初に七瀬陸くんの体調の理由により、IDOLiSH7のセンター(センター固定制)が和泉一織くんになります。

そうだな、軽率にジャニーズに例えると、Hey!Say!JUMPの山田涼介くんの体調が悪くなって、突然暫く中島裕翔くんになる、みたいな感じでしょうか。実際、最近では伊野尾慧くんが前に前に出てきてちょっと話題になってたっけ。(そうでもなかったらごめんなさい) 突然そうなると、当然事情を知らないファンはびっくりしますよね。「前の方がよかった」「いや今の方がバランスいいじゃん」みたいなファン同士のいざこざも起こったりしちゃう。ファン心理とはそういうもの。

アイナナ第2部のストーリーは、そんなところも突っ込んできます。めっちゃリアルに。うわ~見たことある!って感じ。ジャニオタ胸に刺さりまくり。

でもキャラクターたち、みんな本当にいい子なんですよ。みんな七瀬陸のセンター力を認めてて、和泉一織くんなんて、彼が復活できるまでIDOLiSH7の顔を守る役を持つわけです。 一織くん、IDOLiSH7の最年少メンバーの1人(17歳が2人いる)なんだよ。健気すぎて涙出てきませんか。

こんな彼らの葛藤も、マネージャー目線で見ることができます。もうリアルアイドルのセンター変更を見ても、「わかったわかった、頑張れ」って平和主義な気持ちを抱くことができるようになるよ。凄くない?笑

 

そして、やっと冒頭のあの映像。『RESTERT POiNTER』に繋がります。ああやっと言いたいところに到達した!

できるだけ詳細なことは省くけど、是非第2部10章4話までは読んでください。お願い。


アイドリッシュセブン『RESTART POiNTER』MV FULL

さて、本当に綺麗な映像だと思いませんか。これ、1年前は上記で上げた『MONSTER GENERATiON』のMVと同じ作品で、同じキャラクターなのよ。

この楽曲、作詞作曲は『MONSTER GENERATiON』と全く同じ方々です。で、『MONSTER GENERATiON』がスタートの曲なら、『RESTERT POiNTER』は名前の通りリスタートの曲。七瀬陸をセンターに据えて始まったグループが、もう一度七瀬陸をセンターに戻して走り出す曲です。歌詞も対応していて、完全に続編。

帰って来た最強センター七瀬陸の歌い出し、最高なんだよ。吹っ切れたような、突き抜けるような、ああ、おかえり!これこそIDOLiSH7だ!みたいな安堵感。この辺はほんとストーリー読んでほしい…読んだらまた見えるところが変わる。

 

MVも是非見てほしいんだけど、クオリティ全然違うよね!!

まずオタク的には衣装の質ね。最初は布面積あんなに少なかったのに、今やこんなに立派な衣装を着てるの…!!普通にリアルアイドルでもCDが売れて、名前が売れていったら良い衣装を着たりするじゃないですか。一緒。初期があの露出の多い布の少ない衣装なの、『RESTART POiNTER』を見て意図的だったんだなと思いました。IDOLiSH7の所属する小鳥遊事務所は弱小だからな……。設定の練り方が凄い。

映像面で言うと『MONSTER GENERATiON』はモーションキャプチャとか使ってよく動いてるのはめっちゃわかるし、うさ耳シーンとかめちゃくちゃ可愛い。これはこれで好きです。でも実際のところ、アイドリッシュセブンの運営に当時できるクオリティがここまでだったんだろうな、と、今になったら思います。3DCGモデルってお金かかるらしいのよ。

それが1年経って、CDの売り上げやグッズやゲーム課金の資金で『RESTART POiNTER』のクオリティになったわけ!IDOLiSH7がこんなに綺麗な大きなライブができるようになって、なめらかに動いてるのが観れるようになったわけ!!!自分たちが出したお金で、自分たちの好きなアイドルがより高いクオリティで動くって凄くないですか!!!それも物語の中で大事なライブが!!!ハイリターンだよ!!!感動するわ!!!(興奮)(号泣)

 

ジャニオタで言うと、きっとこれまでに、突然グループ新設、デビュー発表~って流れを見てきたオタクにはこの感動がわかるんじゃないかな…!紆余曲折、ゴシップや活動停止や、分裂や解散騒動や……。アイドル(だけではないけど)を取り巻く環境で、色んな不安があって、応援してる側も「大丈夫かな…」って心のどこかで心配してる状態ってあると思います。そんな状態を乗り越えて、1周年!おかえり!なんですよね。

アイナナは所詮二次元アイドルですから、リアルアイドルとは違って物語として乗り越えた先に成功があります。でもなんていうか、二次元でもリアルに近いものを描かれているから、二次元と一緒にリアルも一層愛したくなるみたいな、相乗効果があると思うんですよね。少し内側から見てみたら、愛し方を考えてみたくなる気がする。

 

先日もMステで楽しそうに歌ってる現実の自担G、V6を観て、なぜかちょっと泣きました。なんだか幸せで。アイドルがそこで動いて楽しそうにしててくれたら、いいなって。彼らもたくさんのものを乗り越えて、色んな思いを抱えてても、こちらを笑顔にするためにパフォーマンスをしてるんだ、凄いなあって。

 

そんなリアルで面白くて感動しちゃって「アイドルっていいな」と思えて、課金さえハイリターンなアプリゲーム、『アイドリッシュセブン』。是非お勧めです。まあ騙されたと思って、暇つぶしだと思って、梅雨のお供にプレイしてみてほしいです。アイナナはいいぞ。今日6/15は第2部4回目のストーリーと新曲更新日です。わーい!

 

あ、ちなみにIDOLiSH7のフルアルバム『i7』が8/24に出るよ!渡辺未来さんを始め、ジャニーズ楽曲提供経験ある作曲家さんたちの曲もいっぱいです。ジャニオタにお薦めしたい。

いくつかはiTunes等で先行配信してるし試聴してみてください。

 

5/11に発売された派生ユニットMEZZO"の『恋のかけら』については、そのうち別の記事を書くつもり!こっちもめっちゃいいぞ!!

 

 

以上、『RESTART POiNTER』、そしてアイナナはいいぞ!って記事でした。おしまい。

f:id:dmbcttn:20160615013636p:plain