読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

V6の声の特徴と堪能できる曲選抜~カミセン編~

V6 坂本昌行 長野博 井ノ原快彦 森田剛 三宅健 岡田准一 音楽 カミセン Ask.fm

世の大学生は暇人だ、なんて言ったの誰ですか?課題とかバイトとか悩み事でいっぱいいっぱいなんだけど何でだろうね。っていうよくわからない前置き失礼しました。世間の皆様、メリークリスマスイブ!!

我が自担岡田准一さんのお誕生日にも間に合わなかった前回のブログの続きであるカミセン編を勝手に書くよー。

 

V6の声の特徴と堪能できる曲選抜~カミセン編~

この記事はわたしの超個人的見解を多分に多分に含んでおります。今回はカミセン編ということで、トニセン編はよろしければ前回のブログ記事を。


V6の声の特徴と堪能出来る曲選抜~トニセン編~ - It's wonder land!

前回同様ですが、メンバーそれぞれの歌声を堪能する場合のため、わたしの思うV6メンバーそれぞれにおける①声の特徴②おすすめの曲、という形で書いています。なお、おすすめの曲では基本的に6人で歌っている楽曲から選んでいきます。()内は(収録CD名/発売年)になっています。おすすめの楽曲、前回は2曲だったんですが今回は1曲ずつにします。(そのうちこっそり書き足そうかな……)

 

森田剛さん

①声の特徴

声質で高い声のように聞こえるけれど、音域は低音から中音が多いのでは。

ごうくんとけんくんの声は所謂キャラメルボイスと呼ばれているだけに音域が分かり辛いです。剛健2人揃ってキャラメルボイスって奇跡だよな……。

ごうくんの歌声は、どんな音でも表情豊かなところが特徴的。その曲その曲に合ったイメージ、印象を自然に色付けることのできる歌声。曲のイメージを作る役割をしてると思う。だからV6のセンターは森田剛なんだろうな。

声質は、本当に不思議な声です。芯が細くて薄いけれど、真ん中に芯があって周りをふわふわしたものが包んでるイメージ。(よくわからん) 坂本さんや井ノ原さんの安定感に比べると不安定さはあるけれど、その不安定さも逆に声の色気や魅力にしているような気がする。

簡単に言うと、表情豊か

 

②おすすめの曲

 ♪GUILTY(READY?/2010)

出だしの“Yeah...yoh baby. I feel so guilty.Come on sing it boy.”から全体的に英語やラップが最後まで森田さんの低音でまとめられている楽曲。かっこよすぎる問題。

低音部分の沈むような男性の色気に加えて、サビの掛け合い部分や2番Bメロの高音(中音?)部分の消えてしまいそうな切ない色気凄い。歌声だけなのに表現力凄い。もちろん他のメンバーも色気が凄くて切ない。

あと大サビ後のガラスが割れる音も驚く。

全体的に森田さんのソロが多いし森田さん曲だと思うんですがどうなんでしょう。スーツで踊る姿もかっこよかったなあ……。

 

 

三宅健さん

①声の特徴

音域は、中音から高音が多め。キャラメルボイス2人目。

けんくんの歌声は、女声みたいな高音を出せるのが一番の特徴。けんくんの声がなければできてないハーモニーはたくさんあると思う。 

声質は、よく通る、少し鼻にかかった感じの声。ヘリウムガスを吸っても変わらなかった伝説の通り、ヘリウムガスを吸ったような声だけど、この声質によってV6の歌声バランスはカラフルに色づいています。地声の低音はもしかしたらメンバー内でも一番低いかもしれない。V6では一番目立つ、わかりやすい声ですね。

苦手な人は苦手な声かもしれないけど、聞けば聞くほど魅力的な不思議な声です。わたしは大好き。

簡単に言うと、目立つ

 

②おすすめの曲

♪Sky’s The Limit(Sky’s The Limit/2014)

これは本当に三宅さん曲だと思うんだ。ドラマ出演してたしそりゃそうか。

最初初っ端に三宅さんの低音があって「やったるで!!」的な気合を感じる。V6らしい電子音系のサウンドと疾走感爽快感が超かっこいい。というか気持ちいい。気分が晴れる!

「流行はループする」的な言葉があるけれど、ここ最近は本当に90年代あたりに流行った音楽が見直されている気がするし、V6はデビュー曲あたりがまさにその流れだったし、アニバーサリーイヤーの出だしが原点回帰、みたいになっててとても良い楽曲だなと思います。(上から目線になってたらすいません)

みんなちょっとSky's The Limit聴いて!!!って言って回りたい。初回盤のDVDも可愛いよ……

 

 

岡田准一さん

①声の特徴

音域は低音から中音が多め。たまに高音。音域広い気がする。

声質は、カミセンの中では一番芯がはっきりと通っていてストレートな声。ビブラートをほとんど使わずまっすぐに伸ばすのが特徴かも。

坂本さん「井ノ原と岡田と声が似てるって言われる」

岡田さん「高音だと長野くんに似てるって言われる」

井ノ原さん「出世魚みたいだな!」(V6 live tour 2011 Sexy.Honey.Bunny!)

というような本人談からわかるように、低音は坂本さん井ノ原さんに似てて高音は長野さんに似てる。そのおかげもあってか、岡田さんの声はV6の声のバランスを取るのにとても重要なのではないでしょうか。

わたしが特に好きなのは高めの音だけど、何が良いって突き上げるように歌うとき。まっすぐ突き上がってくれるから爽快感抜群。楽しくなる。

高音の時の長野さんとの聞き分けは、長野さんよりも芯がはっきりしていることからわかりやすいっちゃわかりやすいかもしれない。低音は、ビブラートをあまり使わないことで判断しているところがある。(ごめん) 

 簡単に言うと、ストレートな歌声。

 

②おすすめの曲

♪Supernova(Oh!My!Goodness!/2013)

完全に激しいダンスナンバー。そういえばこれも少し電子音系のサウンドだ。

どのメンバーの声もそれぞれかっこよく激しくなってて本当にかっこいい。これだけかっこいい良曲だったらMVも作るし音源化もゆっくりになるわけだよ。音源化してくれてありがとう>エイベックス様

特に好きなのは1番と2番のAメロ岡田さん・井ノ原さんそれぞれのソロで“甘い”が“あんまい”になってるところです。セクシー。でも下品じゃないむしろ上品。

全体的に高い音が多くて、低音がアクセントになってる。岡田さんもどちらかというと高めの声が多いですね。

こういう曲ってどうしても「エロい」になりがちなのだけれど、Supernovaは個人的に「エロい」で表したくない、表したら失礼なのではと考えたくなる楽曲です。それくらい「大人のセクシー」な楽曲。とりあえずいろんなジャニオタに聴かせて感想を聞きたい。

MVとセットで是非。

 

 

 

以上、2か月に渡ってお送りした「V6の声の特徴と堪能できる曲選抜」でした。1か月以上空いたらどんな主旨で書いていたか分からなくなりました本当にごめんなさい。

 

最後に、岡田准一さん34歳のお誕生日おめでとうございました。(1か月と1週間遅れのハッピーバースデー)

そしてV6紅白初出場おめでとうございます!!!うちの実家は大晦日紅白派なのでとても楽しみです!!!やったね!!!